Tomorrow easier, more fun

情シスの自由帳

Windows11をパフォーマンス優先に変更してパソコンの動作を早くする方法

Windows11にはウィンドウを最大化したり最小化する時にアニメーションで動きのある表示にしたり、ウィンドウの下に影をつけることで立体的に見せる効果など多くの視覚効果が用意されています。

これらの視覚効果を使うと見栄えはよくなりますが、パソコンへの負荷もかかるためパソコンの動作が遅くなる場合もあります。

視覚効果(アニメーションや影など)を無効にすることで以下のメリットを得れると考えます。

  • パソコンの動作が軽く(早く)なる
  • 不要なアニメーション等がなくなることで業務に集中することができる

この記事では、Windows11の視覚効果を無効にしパソコンの動作を早く(軽く)する方法を詳しく解説していきます。

Windows11の視覚効果を無効にする方法

Windows11の視覚効果を無効にする方法

タスクバーに表示されているWindowsロゴをクリックしてください。
Windowsロゴをクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

その中にある[設定](歯車のアイコン)をクリックしてください。

Windows11の視覚効果を無効にする方法

[設定](歯車のアイコン)をクリックすると、「システム」と書かれたウィンドウが表示されます。
その中を一番下までスクロールすると、[バージョン情報]と書かれた項目があるので、それをクリックしてください。

Windows11の視覚効果を無効にする方法

[バージョン情報]をクリックすると、「システム > バージョン情報」と表示される画面に移ります。
この画面にはパソコンの情報(名前や型番など)が細かく表示されています。

「関連リンク」と書かれた枠の中にある[システムの詳細設定]をクリックしてください。

Windows11の視覚効果を無効にする方法

[システムの詳細設定]をクリックすると「システムのプロパティ」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

「パフォーマンス」と書かれた枠の中にある[設定(S)]をクリックしてください。

Windows11の視覚効果を無効にする方法

[設定(S)]をクリックすると「パフォーマンスオプション」と書かれたウィンドウの「視覚効果」タブに移動します。

[パフォーマンスを優先する]にチェックを入れると枠の中に書かれている項目全てのチェックが外れます。
チェックが外れたら右下にある[OK]をクリックしてください。

適用ボタンを押さなくて良いの?と思った方は、OKボタンと適用ボタンの違いについてを是非御覧ください。

これで全ての視覚効果が無効になり、パソコンの動作を早く(軽く)なることが期待できます。

パフォーマンスオプションの視覚効果タブを開くには、[Windowsキー] + [R]で[ファイル名を指定して実行ウィンドウ]を開き、その中にsystempropertiesperformanceと入力してエンターキーを押す方法もあります。

視覚効果の一部は有効にしておく方が便利

視覚効果を全て無効にすることで、パソコンのパフォーマンスとしては効率的になると考えられますが、以下の機能は有効にしておいた方が「実際には便利」かもしれません。

  • アイコンの代わりに縮小版を表示する
  • スクリーンフォントの縁を滑らかにする
視覚効果の一部は有効にしておく方が便利

視覚効果の一部を有効にする場合は、それぞれの項目にチェックを入れて[OK]をクリックしてください。

ここからは、アイコンの代わりに縮小版を表示する機能と、スクリーンフォントの縁を滑らかにする機能について解説していきます。

アイコンの代わりに縮小版を表示する機能

「アイコンの代わりに縮小版を表示する」のチェックを外すと、パソコンの中に保存されている画像のサムネイルを見ることができなくなります。

「アイコンの代わりに縮小版を表示する」が無効の場合
「アイコンの代わりに縮小版を表示する」が有効の場合

パソコンで多くの画像を使った業務をしている場合はサムネイルがあった方が絶対に便利です。
サムネイル画像を表示することでパソコンの負荷はかかりますが、1個の画像を探すために多くの画像を開いて閉じてを繰り返すくらいであれば、多少の負荷がかかっていてもサムネイルですぐ探せるようが便利です。

スクリーンフォントの縁を滑らかにする機能

「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」のチェックを外すと、パソコンの画面に表示されている文字が若干ギザギザします。

スクリーンフォントの縁が滑らかな場合と、滑かではない場合の比較

これらは全く同じ条件でスクリーンショットを撮り、全く同じ条件で拡大したものです。
左側のフォントの縁がギザギザになっていて若干見辛いと感じるかと思います。

スクリーンフォントの縁を滑らかにする機能もパソコンへ負荷がかかっていると思いますが、長時間使うことを考えると見やすい方が良いのではないでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

  • B!