Tomorrow easier, more fun

情シスの自由帳

Windows11でドライバーソフトを最新版に更新する方法(Intel編)

パソコンにはOSと呼ばれるオペレーティングシステム以外にも、パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器などを円滑に使用できるようにするドライバーと呼ばれるソフトウェアが搭載されています。

ドライバーはWindowsとパソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器などを繋ぐ重要な役割をはたしているソフトウェアで、パソコンに欠かせないCPUやハードドライブもドライバーを使ってWindowsと連携しています。
これらのドライバーソフトウェアはWindowsUpdateと同時にインストールされる場合とされない場合があります。
まずはWindowsUpdateで試してみたい方はこちらの「Windows11でWindows Updateを手動で実行する方法」をご覧ください。

この記事では、Intel Driver & Support Assistantを使ってドライバーソフトを手動で最新版に更新する方法を詳しく解説していきます。

インストールするだけで各種ドライバーを最新にしてくれるような便利なソフトウェアもありますが、怪しい翻訳で紹介されているドライバー更新ソフトなどは、インストールをすると広告が表示されたり、関係のないプログラムも同時にインストールされてしまう場合もあるので個人的にはオススメしていません。
各メーカーで公表されてる公式のソフトウェアを使うことをオススメします。

パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認する

まずは使っているパソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認していきます。

この記事ではIntel製の機器(デバイス)や周辺機器を使っている場合に限って解説しています。

パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認する

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。
[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

その中にある[設定](歯車のアイコン)をクリックしてください。

パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認する

[設定](歯車のアイコン)をクリックすると、「システム」と書かれたウィンドウが開きます。
そのウィンドウを一番下までスクロールし、[バージョン情報]をクリックしてください。

パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認する

[バージョン情報]をクリックすると、「システム > バージョン情報」と書かれた画面に移動します。

そのウィンドウを一番下までスクロールし、[デバイスマネージャー]をクリックしてください。

パソコンに内蔵されている機器(デバイス)や周辺機器のメーカーを確認する

[デバイスマネージャー]をクリックすると、「デバイスマネージャー」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

その画面の中にある[システム デバイス]をクリックしてください。
[システム デバイス]をクリックすると、下に向かってツリー状に項目が表示されます。
上記の図の緑色で囲ったぶぶんのように、Intel(R)と書かれた項目がたくさん表示されている場合、そのパソコンにはIntel製の機器(デバイス)や周辺機器が多く搭載されていることがわかります。

この画面ではメーカーを確認することが目的となるので、確認できたら右上の✕印をクリックしてウィンドウを閉じてください。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントをインストールする

Intel製の機器(デバイス)や周辺機器が多く搭載されていることがわかったら次はIntelの公式サイトよりドライバーのアップデートツールをダウンロードします。

パソコンに詳しい人の場合は手動でドライバーを1個1個ダウンロードすることも可能かもしれませんが、更新忘れを防ぐためにも公式ツールを使うことをオススメします。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

まずは、Intel Driver & Support Assistantにアクセスしてください。

Internet explorerはサポートが終了したため、このページを開くことができません。Google ChromeやMicrosoft Edge、Firefoxを使ってください。
また、ここから先はパソコンの管理者権限が必要になります。

Intel Driver & Support Assistantにアクセスすると、「インテル ドライバー&サポート・アシスタント」と書かれたページが開きます。
その中にある[今すぐダウンロード]をクリックしてください。

[今すぐダウンロード]をクリックすると、Intel-Driver-and-Support-Assistant-Installer.exeがダウンロードされるので、それをダブルクリックして起動してください。

拡張子が表示されていない場合、ダウンロードしたファイルは[Intel-Driver-and-Support-Assistant-Installer]と表示されています。
ファイルの拡張子を表示させたい場合はこちらの「ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法 Windows11」で紹介している手順を参考にしてください。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

ダウンロードしたIntel-Driver-and-Support-Assistant-Installer.exeをダブルクリックすると、「インテル ドライバー&サポート・アシスタントのセットアップ」と書かれたウィンドウが立ち上がります。
その中にインテル ドライバー&サポート・アシスタントを使うための使用許諾が書かれているので、内容を確認の上[使用許諾契約に同意します]にチェックを入れ、右側にある[インストール]をクリックしてください。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

[インストール]をクリックすると、次は「インテル Computing Improvement Programへご参加ください」と書かれた画面に切り替わります。
書かれている内容を確認のし[同意する]をクリックしてください。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

[同意する]をクリックすると、次はパソコンから「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認のメッセージが表示されます。
[はい]をクリックしてください。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

[はい]をクリックするとIntel Driver & Support Assistantのインストールが開始されます。
画面が切り替わるまでこのままお待ちください。

Intel Driver & Support Assistantをインストールする

インストールが終わると、「再起動が必要です」と表示され、再起動を促されます。
[リセット]をクリックして再起動してください。

再起動が終わるとインテル® ドライバー&サポート・アシスタントのインストールは完了です。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

再起動後はすべてのアプリからインテル® ドライバー&サポート・アシスタントを開きます。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。
[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

その右上にある[すべてのアプリ]をクリックしてください。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[すべてのアプリ]をクリックすると、パソコンの中にあるアプリケーションの一覧が表示されます。
その中にある[Intel Driver & Support Assistant]をクリックしてください。

アプリの一覧は、数字→ABC順→あいうえお順の並びになっています。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

すべてのアプリにある[Intel Driver & Support Assistant]をクリックすると、既定のブラウザーで「インテル ドライバー&サポート・アシスタント」と書かれたページが表示されます。

このページを開くと、更新可能なソフトウェアが表示されます。
[すべてをダウンロード]をクリックしてください。

特殊な使い方をしていない限り、ドライバーソフトウェアは最新の状態にしておくことをオススメします。
ドライバーの更新には、セキュリティリスクへの対策やバグの修正、パフォーマンスの向上なども含まれている場合があります。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[すべてをダウンロード]をクリックすると、ダウンロードのインジケーターが表示されます。
ダウンロードが終わると画面が切り替わるのでこのまま待ちます。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

ダウンロードが終わると画面が更新され、最新のドライバーソフトのインストールが可能になります。
画面に表示される[すべてをインストール]をクリックしてください。

ドライバーソフトウェアごとにインストール画面が若干異なりますが、基本的なインストール方法は変わりません。
全ての画面を掲載するのが難しいため、この記事ではWi-Fiドライバー1個だけを紹介します。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[すべてをインストール]をクリックすると、ユーザーアカウント制御と書かれたウィンドウが立ち上がり「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認メッセージが表示されます。
[はい]をクリックしてください。

この画面はインストールするドライバーソフトウェアの数だけ表示されます。
今回は更新するソフトウェアが2個のため2回表示されました。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[はい]をクリックすると、「インテル ソフトウェア・インストーラーへようこそ」と書かれた画面が表示されます。
[次へ(N)]をクリックしてください。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[次へ]をクリックすると、「エンドユーザー使用許諾契約(EULA)」と書かれた画面が表示されます。
左下の[使用許諾条件に同意する]にチェックを入れてから[インストール(I)]をクリックしてください。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

[インストール(I)]をクリックすると、インストールが自動的に始まって終わります。
最後に[完了]をクリックしてください。

ドライバーソフトウェアの種類によっては、インストール方法(標準orカスタム)を聞いてくる場合があります。
その場合はひとまず[標準]を選択することをオススメします。
また、インストール後に再起動を求められるケースや、インストールに長い時間がかかる場合もありますが、画面の指示通りに進むことをオススメします。
特にインストール中に待ちきれなくて再起動をしてしまうとパソコンに思わぬ不具合が起きる可能性があります。

インテル® ドライバー&サポート・アシスタントを使ってドライバーをアップデートする

全てのドライバーソフトウェアがインストールされると、「インテル® ドライバー & サポート・アシスタント」の画面に「インテル® ドライバーとソフトウェアは最新です。」と表示されます。
この状態になれば終了です。

ドライバーソフトウェアの更新は毎日行うような作業ではありませんが、1年に1回でもインテル® ドライバー & サポート・アシスタントを開いてアップデートが無いか確認してみてください。
※すべてのアプリの中に入っているIntel Driver & Support Assistantを起動しても良いです。

Intel Driver & Support Assistantをアンイストールしてしまうとインテル® ドライバー&サポート・アシスタントページも利用できなくなります。
万が一アンイストールした場合は再度インストールが必要になるためご注意ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

  • B!