エクセルでチェックボックスを作る方法

Microsoft Office エクセル(Microsoft Office Excel)

エクセルでチェックボックスを作る方法

2022年2月5日

エクセルでチェックボックスを作るには以下の手順で行います。

  • エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする
  • [開発]→[挿入]でチェックボックを選択
  • マウスカーソルが[+]になるので、チェックボックスを配置したい場所にドラッグ
  • ドラッグを離すとその場所にチェックボックスが作成されます

エクセルでアンケートシートや、チェックリストを作成する際に活躍するチェックボックス。
ここでは誰でも簡単にチェックボックスを作れる方法を解説しています。

また、後半には作成したチェックボックを編集する方法と、削除する方法も解説していますので、是非ご覧ください。

Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする

Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする
Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする

エクセルを開き、左上の[ファイル]をクリックしてください。
その後、左下にある[オプション]をクリックしてください。

エクセルのウィンドウを縮小表示している場合は[オプション]が表示されていない可能性があります。
[オプション]が表示されていない場合は、エクセルのウィンドウを最大化してみてください。

Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする
Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする

「Excelのオプション」と書かれたウィンドウが立ち上がったら、左側にある[リボンのユーザー設定]をクリックしてください。

Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする
Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする

「リボンをカスタマイズします」と書かれた画面に切り替わります。
右側の下の方に[開発]と書かれているところがあるので、そこをクリックしてチェックを入れてください。
[開発]にチェックが入ったら右下の[OK]をクリックしてください。

Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする
Step1 エクセルのオプションから[開発]タブを有効にする

これで[開発]タブが有効になり、エクセルに[開発]と書かれたメニューが表示されます。

Step2 チェックボックスをシートに配置する

[開発]と書かれたメニューが表示されたら、ここからは実際にチェックボックスをシートに配置していきます。

Step2 チェックボックスをシートに配置する
Step2 チェックボックスをシートに配置する

チェックボックスを配置するには、[開発]タブをクリックし、その中にある[挿入]ボタンをクリックしてください。
[フォームコントロール]と書かれた中に[チェック ボックス]があるので、それをクリックしてください。

Step2 チェックボックスをシートに配置する
Step2 チェックボックスをシートに配置する

マウスカーソルが[+]になるので、チェックボックスを配置したい場所にドラッグしてください。

Step2 チェックボックスをシートに配置する
Step2 チェックボックスをシートに配置する

ドラッグを離すとチェックボックスが表示されます。

これでチェックボックスをシートに配置することができました。

Step3 チェックボックスを編集してみよう

チェックボックスをただ配置しただけの状態では見栄えが良くないので使い物になりません。
ここからはチェックボックスを少しカスタマイズして、実際に使える状態にしていきます。

「チェック」と書かれた文字を削除する

「チェック」と書かれた文字を削除する

チェックボックは作成したばかりの状態では「チェック」という文字が表示されています。
実際に使う場合にこの文字は不要なことが多いので、この文字を削除していきます。

まずはチェックボックを右クリックで選択してください。

チェックボックは左クリックでは選択することができないので注意してください。

右クリックで選択したら、[テキストの編集]をクリックしてください。

「チェック」と書かれた文字を削除する
「チェック」と書かれた文字を削除する

「チェック」という文字を削除すると、チェックボックだけが残ります。

チェックボックスを移動させてみよう

チェックボックスを移動させてみよう
チェックボックスを移動させてみよう

チェックボックスを[右クリック]で選択し、左クリックでドラッグして移動させることができます。

チェックボックは左クリックでは選択することができないので注意してください。

チェックボックを複製する

チェックボックを複製する
チェックボックを複製する

チェックボックスを[右クリック]で選択し、[コピー]をクリックしてください。
配置したい場所にペースト[Ctrl]+[V]することで複製できます。

沢山複製する必要がある場合は、オートフィルを使って複製することもできるので試してみてください。

チェックボックを削除する

ここからはチェックボックを削除する方法も解説します。

チェックボックを削除する
チェックボックを削除する

チェックボックスを[右クリック]で選択し[Delete]キーを押すことで削除することができます。

大量のチェックボックをまとめて削除する

チェックボックは一つのシートに何個も設置することもあります。
それらをまとめて削除したい場合に、1個1個右クリックして削除するのは大変です。

ここでは、大量のチェックボックをまとめて削除する方法を詳しく解説しています。

大量のチェックボックをまとめて削除
大量のチェックボックをまとめて削除する

今回はこのサンプルを使って大量のチェックボックをまとめて削除していきます。

大量のチェックボックをまとめて削除する
大量のチェックボックをまとめて削除する

削除したいチェックボックがあるシートを開き、キーボードで[Ctrl]+[G]を押してください。

[Ctrl]+[G]を押すと、「ジャンプ」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

大量のチェックボックをまとめて削除する
大量のチェックボックをまとめて削除する

「ジャンプ」と書かれたウィンドウの左下にある[セル選択(S)]をクリックしてください。

大量のチェックボックをまとめて削除する
大量のチェックボックをまとめて削除する

「選択位プション」と書かれたウィンドウが立ち上がるので、[オブジェクト(B)]を選択してください。

次に[OK]をクリックしてください。

大量のチェックボックをまとめて削除する
大量のチェックボックをまとめて削除する

これで全てのチェックボックが選択されるので、キーボードの[Delete]キーを押すことで全てのチェックボックをまとめて削除することができます。

シート内にある全ての[オブジェクト(B)]を選択しているため、チェックボック以外のオブジェクトがある場合、まとめて削除されてしまう可能性があります。
万が一必要なものまで選択されている場合は、[Ctrl]を押しながらそのオブジェクトをクリックして削除の対象から外してください。

エクセルでチェックボックスを作る方法をご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について掲載しています。
できる限り詳細に掲載していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Microsoft Office, エクセル(Microsoft Office Excel)
-,