iPhoneで撮った写真をjpegで送る方法

iPhoneで撮った写真をjpegで送る方法

こんな人にオススメの記事です

  • iPhoneで撮影した写真がパソコンで開けない人
  • HEICの変換方法を知りたい人
  • iPhoneを使ってjpegで写真を保存したい人

iPhoneで写真を撮影すると自動的にHEIC形式(.heic)で保存され、その写真をパソコンに送ると、受け取った側が写真を見れない場合があります。

HEICとはiPhone8以降に採用された画像の形式の一種で、jpeg形式の約2倍の圧縮率があり、高画質低用量な非常に便利なファイル形式です。

この記事では、iPhoneで撮影した写真をjpeg形式で送る方法を詳しく解説していきます。

目次

iPhoneで撮影した写真をjpegで保存する方法

まずは写真をjpeg形式で保存する方法です。

iPhoneではHEIC形式が標準になっているため、初期設定のままでは撮影した写真は自動的にHEIC形式で保存されます。

その設定を変更していきます。

HEIC形式は容量がjpeg形式の半分程度と非常に優秀なファイル形式です。
この設定を変更することで写真の容量が増え、想定以上にストレージを圧迫する可能性があります。

STEP
設定を開く

まずは歯車アイコンの[設定]をタップしてください。

設定を開く
設定を開く
STEP
カメラの[フォーマット]をタップする

[カメラ]をタップするとカメラの設定画面が開きます。

その中の一番上にある[フォーマット]をタップしてください。

カメラの[フォーマット]をタップする
カメラの[フォーマット]をタップする
STEP
[カメラ]タップする

[設定]をタップするとiPhoneの設定画面が開きます。

その中にある[カメラ]をタップしてください。

[カメラ]タップする
STEP
カメラ撮影で[互換性優先]にチェックを入れる

次に、カメラ撮影の項目で[互換性優先]をタップしてチェックを入れてください。

カメラ撮影で[互換性優先]にチェックを入れる
カメラ撮影で[互換性優先]にチェックを入れる

これで次回以降iPhoneで写真を撮影すると、ファイル形式がjpegで保存され、そのままパソコンに送っても簡単に開くことができます。

iPhoneでこれまで撮影したデータをjpegに変換する方法

これから撮影する写真については、上記の設定を変更することでjpeg形式になりますが、これまで撮影した写真は個別にjpegに変換する必要があります。

ここでは、スマホのブラウザーからも利用できる変換サービスと、dropboxやGoogle driveを使って変換する方法をご紹介します。

Webサービスを使う方法

特別なアプリを使わなくても、以下のWebサービスを使うことで簡単にHEIC形式からjpeg形式に変換することができるため試してみてください。

iPhoneからdropboxやGoogle driveにアップロードして形式を変換する方法

iPhoneからdropboxやGoogle driveなどに写真をアップロードすると、iPhoneの機能でアップロードする画像を自動的にHEICからPNG形式に変換してくれます。

そのため、一度iPhoneからdropboxやGoogle driveなどに写真をアップロードし、それらの画像データをダウンロードすることでPNG形式に変換すること可能です。

LineのKeepメモを使って自分自身に送ることでも変換することが可能ですが、Lineの場合は画像が圧縮されすぎて画質が粗くなる可能性があります。

iPhoneからdropboxやGoogle driveに写真をアップロードしてもHEICから変換されない場合

iPhoneからdropboxやGoogle driveに写真をアップロードしてもHEICから変換されない場合は以下の設定を見直してみてください。

iPhoneの[設定]→[写真]と進んで、写真の設定の一番下にある「MACまたはPCに転送」と書かれた項目が[自動]になっているか確認してください。

iPhoneからdropboxやGoogle driveに写真をアップロードしてもHEICから変換されない場合
iPhoneからdropboxやGoogle driveに写真をアップロードしてもHEICから変換されない場合

ここが「元のフォーマットのまま」になっていると、iPhoneからdropboxやGoogle driveに写真をアップロードしてもHEICのままアップロードされます。

iPhoneで撮影した画像のファイル形式(拡張子)を確認する方法

ここからは、iPhoneで撮影した画像のファイル形式(拡張子)を確認する方法を詳しく解説していきます。

まずは自分がどのファイル形式(拡張子)を使っているのか確認するのも良いかもしれません。

STEP
写真のプレビュー画面でインフォメーションマークをタップ

写真のプレビュー画面を開いて、画面下部にあるインフォメーションマーク(iマーク)をタップしてください。

写真のプレビュー画面でインフォメーションマークをタップ
写真のプレビュー画面でインフォメーションマークをタップ
STEP
画像の詳細情報からファイルの形式(拡張子)を確認する

インフォメーションマーク(iマーク)をタップするとファイルの詳細情報が表示されます。

以下の図の赤く囲った部分にファイルの形式(拡張子)が表示されています。

画像の詳細情報からファイルの形式(拡張子)を確認する
画像の詳細情報からファイルの形式(拡張子)を確認する

ここではHEIFと記載されているので、HEIF形式(HEIC形式)で保存されていることが確認できます。

写真や画像では、jpegやjpg、pngなどが一般的に広く使われています。
HEIF形式(HEIC形式)はiPhone特有のファイル形式(拡張子)です。

よくある質問

HEICってなんですか?

HEICとはiPhone8以降に採用された画像の形式の一種で、jpeg形式の約2倍の圧縮率があり、高画質低用量な非常に便利なファイル形式です。

パソコンに転送する時に、jpegやpngになる時とならない時があります。

iPhoneとパソコンをライトニングケーブルで繋いで、エクスプローラーから写真を取り出すとHEICになります。
iPhoneからdropboxやGoogle driveなどに写真をアップロードすると、iPhoneの機能でアップロードする画像を自動的にHEICからPNG形式に変換してくれます。

今iPhoneの中にある写真を全部まとめてjpegにしたいです。

iPhoneにはHEICをjpegに変換する機能はありません。
写真の数が多いと変換サービスを使うのは大変だと思うので、iPhoneからdropboxやGoogle driveなどに写真をアップロードして、すべてをダウンロードし直してから既存の写真を削除すると良いと思います。

その他iPhoneに関する記事

その他iPhoneに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

記事が見つかりませんでした。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトは情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

解説している内容に誤りがあった場合や、補足が必要な場合、もっと知りたい場合はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
個人の方を限定にサポートさせていただきます。

実行環境
Windows11 Home 22H2
64 ビット オペレーティング システム
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次