OutlookからWinmail.datを送らないための設定方法

Microsoft Office アウトルック(Microsoft Outlook)

OutlookからWinmail.datを送らないための設定方法 Outlook2019

2022年7月12日

Outlookを使っている人が添付ファイル付きのメールを送り、受信者のメーラーがOutlook以外の場合、送信した添付ファイルがWinmail.datというファイルに変換されてしまう場合があります。

受信者側でWinmail.datを開く方法についてはこちらの「添付されているwinmail.datの開き方」で詳しく解説していますが、送信者側でWinmail.datというファイルに変換されないようにするには、メッセージの形式をテキスト形式に変更する必要があります。

ここではOutlookで送信するメッセージの形式をテキスト形式に変更して、Winmail.datを送らないようにするための設定方法を画像付きで詳しく解説していきます。

Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする

  • Outlookを起動。
  • [ファイル]→[オプション]→[メール]に移動。
  • 「次の形式でメッセージを作成する」の項目で[テキスト形式]を選択して[OK]をクリック。
Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする
Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする

まずはOutlookを起動し、左上の[ファイル]をクリックしてください。

Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする
Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする

[ファイル]をクリックすると、Outlookのホーム画面が開かれます。

その画面の左側メニューにある[オプション]をクリックしてください。

Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする
Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする

[オプション]をクリックすると、「Outlookのオプション」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

左側のメニューにある[メール]をクリックしてください。

Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする
Outlookの設定を変更してWinmail.datを送らないようにする

[メール]をクリックすると、「作成および受信するメッセージの設定を変更します。」と書かれたページに移動します。

「次の形式でメッセージを作成する」の項目で[テキスト形式]を選択して[OK]をクリックしてください。

これで以降作成する新規メールの形式はすべてテキスト形式になり、添付ファイルなどがWinmail.datに変換される心配がなくなります。

メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法

Outlook全体の設定は変更したくない場合にはメール毎に書式設定を変更することも可能です。

これにより特定の人に向けたメールをテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにすることができます。

メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法
メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法

まずはOutlookで新しいメールを作成してください。

メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法
メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法

次に、新規メールのウィンドウで[書式設定]タブをクリックしてください。

[書式設定]タブの左側にある「形式」と書かれた枠の中にある[テキスト]を選択してください。

メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法
メール毎に書式設定をテキスト形式に変更しWinmail.datを送らないようにする方法

[テキスト]を選択すると、「Microsoft Outlook互換性チェック」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

[続行(C)]をクリックしてください。

[続行(C)]をクリックするとこのウィンドウが閉じられ、メール編集画面に戻ります。

これでこのメールの形式はテキスト形式になり、添付ファイルなどがWinmail.datに変換される心配がなくなります。

HTML形式メールとテキスト形式メールの違い

ここでは、Outlookで選べる形式の特徴についてご紹介します。

HTML形式メールとテキスト形式メールの違い
HTML形式メールとテキスト形式メールの違い
形式特徴
HTML形式文字のフォントやサイズ、色や段落などウェブサイトと同様な複雑な装飾が可能。
本文中にテーブルやハイパーリンク、画像を入れることも可能。
送信先がHTMLメールを受信できない場合に崩れてしまう可能性有り。
テキスト形式装飾が一切できない形式。
一番無難。業務用はテキスト形式形式で十分です。
リッチテキスト形式文字のフォントやサイズ、色や段落など簡易な装飾が可能。
送信先がOutlook以外では形が崩れてしまう可能性が高い。
HTML形式メールとテキスト形式メールの違い

リッチテキスト形式はMicrosoftの独自の形式のため、送信先がOutlook以外では形が崩れてしまう可能性が高く、HTML形式よりも自由度が低いためあまりオススメできません。

見栄えが良いのはHTML形式ではありますが、崩れてしまっては元も子もありません。

業務メールで相手方に内容を正しく伝えたい場合は、テキスト形式で本文を送り、添付ファイルをつけることで補完することが望ましいと考えます。

その他Outlookに関する記事

その他Outlookに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

Outlook2019で自動送受信する時間の間隔を指定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法
添付されているwinmail.datの開き方

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Microsoft Office, アウトルック(Microsoft Outlook)
-, ,