Windows11で言語バーの配置を元の位置に戻す方法

Windows11

Windows11で言語バーの配置を元の位置に戻す方法

2022年5月3日

Windows11で言語バーがタスクバーから外に出てしまった場合は以下の手順で元の位置に戻すことができます。

  • [スタートボタン]→[設定]で設定画面を開く。
  • [時計と言語]→[入力]→[キーボードの詳細設定]に移動。
  • [使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する]のチェックを外す。

Windows10より前のWindowsでは言語バーをタスクバーにドラッグ・アンド・ドロップすることで時計の付近に埋め込む(入れる)ことができましたが、Windows11からは設定を変更しないとタスクバーの中に戻すことはできません。

言語バーにある「最小化」ボタンをクリックしても言語バーの位置は変わりません。

言語バー自体を操作することがあまりないため、デスクトップ上に置いておくよりもタスクバーに配置されている状態のほうが望ましいと考えます。

この記事では、突然言語バーがタスクバーから外に出てきて困っている人に向けて、言語バーの配置を元の位置に戻す方法を画像も踏まえて詳しく解説していきます。

言語バーが外に出てきている状態
言語バーが外に出てきている状態

私はGoogle IMEを使っているため青い印が表示されていますが、Microsoft IMEをお使いの場合は赤い丸印が表示されます。
Google IMEは便利な機能も多くて非常に使いやすいのでオススメです。「ちょっと使ってみようかな」と思っている人はこちらの「Google 日本語入力の便利機能の紹介」をぜひ一度見てみてください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。
[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

次に、その中にある[設定](歯車のアイコン)をクリックしてください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

[設定](歯車のアイコン)をクリックすると、「システム」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

そのウィンドウの左側にある[時計と言語]をクリックしてください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

[時計と言語]をクリックすると「時計と言語」と書かれたウィンドウに移動します。

その中にある[入力]をクリックしてください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

[入力]をクリックすると、「時計と言語 > 入力」と書かれたウィンドウに移動します。

その中にある[キーボードの詳細設定]をクリックしてください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

[キーボードの詳細設定]をクリックすると、「時計と言語 > 入力 > キーボードの詳細設定」と書かれたウィンドウに移動します。

その中に、「使用可能な場合にデスクトップ言語バを使用する」と書かれた項目があるので、その項目のチェックを外してください。

言語バーの配置を元の位置に戻す方法
言語バーの配置を元の位置に戻す方法

チェックを外すと、外に出ていた言語バーがタスクバーの中に戻ります。
※保存や変更をクリックする必要はありません。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
Windows11が遅いと感じたときの対処法
Windows11の右クリックメニューを以前の形に戻す方法
Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法
Windows11 HomeでAdministratorを有効化する方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11
-,