エクセル(Microsoft Office Excel) ワード(Microsoft Office Word)

エクセル(Excel)で作成したデータをワード(Word)に貼りつける方法7選

2022年1月11日

ここでは、エクセルで作成した表やデータをワードにスムーズに貼り付ける方法を解説しています。
基本的な7個の貼り付け方法を解説しますので、是非使ってみてください。

[図としてコピー]→[貼付け]

エクセルで作成したデータを、図(画像)としてコピーしてからワードに貼り付ける手順です。

図(画像)としてコピーして貼り付けることで、ワード内では画像扱いになり、大きさの拡大や縮小、配置の移動が簡単です。

図(画像)としてコピーして貼り付けるので、元のエクセルを更新すると再度貼り付け直す必要がでてきます。

クセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[図としてコピー]をクリックしてください。

クセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]

[図のコピー]に関する確認画面が表示されます。
画面に合わせるか、用紙に合わせるか選択して、[OK]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 
[図としてコピー]→[貼付け]

画像を貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、貼り付けてください。
これでエクセルのデータをワードに図(画像)として貼り付けることが可能です。

[コピー]→[貼付け(元の書式保持)]

エクセルで作成したデータをコピーして、エクセルの書式でワードに貼り付ける手順です。

エクセルの書式で貼り付けられるので、見た目もそのまま貼り付けることができます。
また、貼り付けた後もワードの表の中の数字が変更できます。

元の書式(を保持ワードの横幅とエクセルの横幅が違っていると、ワードの範囲から飛び出てしまい、貼付け後に調整する必要がでてきます。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その2 
[コピー]→[貼付け(元の書式保持)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その2 
[コピー]→[貼付け(元の書式保持)]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その2 
[コピー]→[貼付け(元の書式保持)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その2 
[コピー]→[貼付け(元の書式保持)]

データを貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[元の書式を保持]をクリックしてください。
これでエクセルのデータをワードにエクセルの書式を保持したまま貼り付けることが可能です。
普通のコピーペーストはこれに該当します。
エクセルの幅や高さを使って貼り付けるため、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が高いです。
貼り付ける前にエクセル側で幅の調整を行うことをおすすめします。

[コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

エクセルで作成したデータをコピーして、貼り付け先の書式(ワードの書式)でワードに貼り付ける手順です。

ワードの書式(横幅)で貼り付けることができるため、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が低いです

エクセルで色々な書式設定している場合、貼り付けるとそれらが反映されません。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その3 
[コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その3 
[コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

 エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その3 
[コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その3 
[コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

データを貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[貼り付け先のスタイルを使用]をクリックしてください。
これでエクセルのデータをワードの書式で貼り付けることが可能です。
ワードのスタイル(書式)を使用することで、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が低い便利な貼り付け方法です。

[コピー]→[リンクとして貼付け(元の書式を保持)]

エクセルで作成したデータをコピーして、エクセルの書式でリンクとして貼り付ける手順です。
リンクとして貼り付けることで、エクセル側でデータを更新してもワードに反映される便利な貼り付け方法です。

リンクとして貼り付けることで、貼り付けた後にエクセルを更新するとワードにも自動的に反映されます。

貼り付け元のエクセルを削除してしまったり、誤ってデータを編集するとワードも自動的に書き換わってしまいます。
また、元の書式(を保持ワードの横幅とエクセルの横幅が違っていると、ワードの範囲から飛び出てしまい、貼付け後に調整する必要がでてきます。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その4 
[コピー]→[リンクとして貼付け(元の書式を保持)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その4 
[コピー]→[リンクとして貼付け(元の書式を保持)]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その4 
[コピー]→[リンクとして貼付け(元の書式を保持)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その4 
[コピー]→[リンクとして貼付け(元の書式を保持)]

画像を貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[リンク(元の書式を保持)]をクリックしてください。
これでエクセルのデータをワードに貼り付けることが可能です。
[元の書式(エクセルの書式)を保持]して貼り付けるのは「エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その3 [コピー]→[貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]」と同様に、ワードのの幅や高さを使って貼り付けるため、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が低いです。
また、リンクとして貼り付けることで、エクセル側でデータを更新してもワードに反映される便利な貼り付け方法です。

[コピー]→[リンクとして貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

エクセルで作成したデータをコピーして、ワードの書式でリンクとして貼り付ける手順です。
リンクとして貼り付けることで、エクセル側でデータを更新してもワードに反映される便利な貼り付け方法です。

リンクとして貼り付けることで、貼り付けた後にエクセルを更新するとワードにも自動的に反映されます。
ワードの書式(横幅)で貼り付けることができるため、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が低いです

貼り付け元のエクセルを削除してしまったり、誤ってデータを編集するとワードも自動的に書き換わってしまいます。
エクセルで色々な書式設定している場合、ワードの書式設定で貼り付けられるためそれらが反映されません。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その5 
[コピー]→[リンクとして貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その5 
[コピー]→[リンクとして貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その5 
[コピー]→[リンクとして貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その5 
[コピー]→[リンクとして貼付け(貼り付け先のスタイルを使用)]

画像を貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[リンク(貼り付け先のスタイルを使用)]をクリックしてださい。
これでエクセルのデータをワードに貼り付けることが可能です。
[貼り付け先のスタイルを使用]して貼り付けるのは「エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その2 [コピー]→[貼付け(元の書式保持)]」と同様に、エクセルの幅や高さを使って貼り付けるため、幅がワードの範囲をはみ出す可能性が高いです。
一方でリンクとして貼り付けることで、エクセル側でデータを更新してもワードに反映される便利な貼り付け方法です。

[コピー]→[図として貼付け]

エクセルで作成したデータをコピーして、図(画像)として貼り付ける手順です。
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その1 [図としてコピー]→[貼付け]で紹介したものと同じですが、コピーする段階で図(画像)にするか、貼り付ける段階で図(画像)にするかの違いです。

図(画像)としてコピーして貼り付けることで、ワード内では画像扱いになり、大きさの拡大や縮小、配置の移動が簡単です。

図(画像)としてコピーして貼り付けるので、元のエクセルを更新すると再度貼り付け直す必要がでてきます。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その6 
[コピー]→[図として貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その6 
[コピー]→[図として貼付け]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その6 
[コピー]→[図として貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その6 
[コピー]→[図として貼付け]

画像を貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[図]をクリックしてださい。
これでエクセルのデータをワードに図(画像)として貼り付けることが可能です。

[コピー]→[テキストで貼付け]

エクセルで作成したデータをテキスト(文字列)でワードに貼り付ける手順です。
表の形をなくし、文字だけをワードに貼り付けることができます。
あまり使わないかもしれませんが、貼付けのオプションの一つとして覚えておいてください。

テキスト情報(文字列)だけをワードに貼り付けることができます。

貼り付けた時に表形式になっていないため、レイアウトが崩れやすいです。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その7 
[コピー]→[テキストで貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その7 
[コピー]→[テキストで貼付け]

エクセルブック内のコピーしたい箇所を選択してください。
選択したら[コピー]をクリックしてください。

エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その7 
[コピー]→[テキストで貼付け]
エクセルで作成したデータをワードに貼りつける方法その7 
[コピー]→[テキストで貼付け]

ワードの貼り付けたい場所にマウスカーソルをあわせ、[ホーム]タブから[貼り付け]を選び、[テキストのみ保持]をクリックしてださい。
これでエクセルのデータをワードにテキスト(文字)として貼り付けることが可能です。
上記に貼った画像のとおり、表の形式は失われています。

その他エクセルやワードに関する記事

その他エクセルやワードに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

ワードとエクセルの初期フォントを変更する方法
ワードやエクセルにパスワードを設定する方法
Excel(エクセル)のバージョンを確認する方法
エクセルやワードを全画面表示に切り替える方法 Office2019
ワード内で使用されている画像だけを抜き出す方法

エクセル(Excel)で作成したデータをワード(Word)に貼りつける方法7選をご紹介しました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について掲載しています。
できる限り詳細に掲載していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-エクセル(Microsoft Office Excel), ワード(Microsoft Office Word)
-,