レジストリをバックアップ及び復元する方法 Windows11

レジストリをバックアップ及び復元する方法

Windowsにおけるレジストリファイルは、オペレーションシステムに関する基本的な情報やアプリケーションの設定などのほか、拡張子の関連付け、ユーザパスワードなども保存されている非常に重要なファイルです。

レジストリの変更や追加、削除を行う前には必ずレジストリのバックアップを行うことが基本です。
この記事では、具体的なレジストリのバックアップ方法と、復元方法を詳しく解説していきます。

目次

レジストリ エディターを開く

レジストリのバックアップをするには、レジストリ エディターを開く必要があります。

コマンドプロンプト等でもバックアップできますが、漏れがあると復元もできないため、パソコンが通常に動作している場合はレジストリ エディターからのバックアップをオススメします。

レジストリ エディターを開く
レジストリ エディターを開く

キーボードの[Windowsボタン] + [R]を押し、「ファイルを指定して実行」と書かれたウィンドウを開いてください。

その中に[regedit]と入力し、[OK]をクリックしてください。

パソコンの環境によっては管理者のパスワードを要求するウィンドウが表示される場合があります。
その場合はパスワードを入力して [OK] をクリックしてください。
また、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」というウィンドウが表示された場合は [はい] をクリックしてください。

レジストリ エディターを開く
レジストリ エディターを開く

レジストリ エディターと書かれたこの画面が表示されれば成功です。

管理者としてログインしていない場合は警告画面が表示される可能性があります。

レジストリをエクスポートする

レジストリ エディターが開けたら、この画面からレジストリをエクスポート(バックアップ)していきます。

レジストリをエクスポートする
レジストリをエクスポートする

レジストリ エディターの左上にある[ファイル(F)]をクリックしてください。

[ファイル(F)]をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。
その中から、[エクスポート]をクリックしてください。

レジストリをエクスポートする
レジストリをエクスポートする

[エクスポート]をクリックすると、「レジストリ ファイルのエクスポート」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

まずは、レジストリファイルをバックアップする保存先を選択してください。

次に、左下にある「エクスポート範囲」の項目で[すべて(A)]を選択してください。

初期値では[すべて(A)]が選択されているはずですが、念の為に確認してください。

最後に、ファイル名を指定して、[保存]をクリックしてください。

レジストリをエクスポートする
レジストリをエクスポートする

[保存]をクリックすると、レジストリファイルが保存されます。
レジストリファイルの拡張子は[.reg]です。

拡張子が表示されていない場合は、こちらの「ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法」で表示方法を詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法 Windows11 こんな人にオススメの記事です ファイルの拡張子を確認したり、変更したい人Windowsの隠しファイルや隠しフォルダーにアクセスしたい(見たい)人 ファイルの拡張子と隠...
ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法 Windows11

バックアップしたレジストリを復元する方法

ここからはバックアップしたレジストリを復元する方法を詳しく解説していきます。

バックアップしたレジストリを復元する方法
バックアップしたレジストリを復元する方法

レジストリ エディターを開き、左上にある[ファイル(F)]をクリックしてください。

[ファイル(F)]をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。
その中から、[インポート(I)]をクリックしてください。

バックアップしたレジストリを復元する方法
バックアップしたレジストリを復元する方法

[インポート(I)]をクリックすると、「レジストリ ファイルのインポート」と書かれたウィンドウが開きます。

バックアップしたレジストリファイルを選択し、[開く]をクリックしてください。

バックアップしたレジストリを復元する方法
バックアップしたレジストリを復元する方法

バックアップしたレジストリファイルを選択し、[開く]をクリックすると、[レジストリ ファイルのインポート]と書かれたウィンドウが表示され、インポートが終了します。

復元ポイントを使ってレジストリをバックアップする

レジストリは復元ポイントを使ってバックアップすることが可能です。

復元ポイントの作成方法についてはこちらで詳しく解説していますので是非ご覧ください。

あわせて読みたい
システムの復元を有効にする方法 Windows11 システムの復元ができない理由の一つに、システムの復元が有効になっていない可能性や、復元ポイントが作成されていない可能性が考えられます。 パソコンでアプリやドラ...
復元ポイントを作成する

復元ポイントを使ってレジストリをバックアップすると、レジストリを復元する際にもシステムの復元を行う必要があります。

システムの復元では、レジストリだけを選んで復元することはでません。

レジストリだけを復元したい場合はレジストリ エディターからバックアップをとることをオススメします。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
Windows11でユーザーアカウント制御画面をスクリーンショットする方法 ユーザー アカウント制御(User Account Control 略してUAC)とは、パソコンに重要な変更が生じる可能性がある動作に対して、Windowsから「本当に良いんですね?」とい...
Windows11でユーザーアカウント制御画面をスクリーンショットする方法
あわせて読みたい
ローカルグループポリシーエディターが開かない場合の対処法 Windows11 Home Windows11でローカルグループポリシーエディターがない(使えない)場合は、コマンドプロンプトから機能を追加することで使えるようになります。 ここでは、Windows11 H...
ローカルグループポリシーエディターが開かない場合の対処法 Windows11 Home
あわせて読みたい
システムの復元を有効にする方法 Windows11 システムの復元ができない理由の一つに、システムの復元が有効になっていない可能性や、復元ポイントが作成されていない可能性が考えられます。 パソコンでアプリやドラ...
システムの復元を有効にする方法 Windows11
あわせて読みたい
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法 こんな人にオススメの記事です タッチパッドを無効にしたい人タッチパッドとマウスを切り替えて使いたい人タッチパッドを有効にしたい人 タッチパッドを無効/有効にする...
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
あわせて読みたい
Windows11でタスクバーを左に寄せる方法 Windows11では以下の手順でタスクバーに配置されているショートカットを左寄せに移動することができます。1.タスクバーの空いているスペースを[右クリック]。2.[タ...
Windows11でタスクバーを左寄せにする方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次