PowerShellの最新バージョンをインストールする方法

Windows11

PowerShellの最新バージョンをインストールする方法

この記事では、最新版のPowerShellをインストーラーを使ってインストールする方法と、コマンドラインからインストールする方法をはじめとし、インストールした最新版のPowerShellの起動方法やWindowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法を詳しく解説していきます。

今使っているPowerShellのバージョンを確認したい場合は、こちらの「PowerShellのバージョンを確認する方法 Windows11」をご覧ください。

PowerShellのバージョンを確認する方法 Windows11

提供されているPowerShellの最新バージョンを確認する方法

今使っているPowerShellのバージョンを確認したら、次は今配信されているPowerShellの最新バージョンを確認してみましょう。

Microsoftの公式サイトで現在配信されている最新バージョンを確認する

まずはMicrosoftの公式サイトで確認する方法です。

PowerShellは安定版と、LTS リリース、プレビュー リリースの3つが配信されていることが多いですが、基本的には正式にリリースされている安定版を使うことをオススメします。

それぞれダウンロードリンクは、リリースページの [Assets] セクションにあります。 [Assets] セクションは折りたたまれている場合があるので、その場合は展開する必要があります。

Microsoftの公式サイトで現在配信されている最新バージョンを確認する
Microsoftの公式サイトで現在配信されている最新バージョンを確認する

上記は2022年8月27日時点の最新バージョンであるv7.2.6のページです。

赤枠で囲っているPowerShell-7.2.6-winから始まるものがWindowsOSに向けて作成されたものです。

対応OSによってダウンロードするべきPowerShellが異なります。

32bitOSの場合PowerShell-7.2.6-win-x86.msi
PowerShell-7.2.6-win-x86.zip
64bitOSの場合PowerShell-7.2.6-win-x64.msi
PowerShell-7.2.6-win-x64.zip
ダウンロードするべきPowerShell

x86とx64はパソコンのビット数の違いです。 x86は32ビット、x64は64ビットのことです。
今使っているパソコンが32ビットなのか64ビットなのかわからない場合は、こちらの「使っているパソコンのスペック(性能)を確認する方法」で確認する方法を詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

自分が使っているパソコンに向けて最新バージョンが公開されていることを確認しましょう。

私はWindowsの64bitOSを使っているため、PowerShellの7.2.6が公開されていることが確認できます。

PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する

次はPowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法です。

PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法
PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法

PowerShellを起動し、以下のコマンドを実行してください。

winget search Microsoft.PowerShell

PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法
PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法

winget search Microsoft.PowerShellを実行すると、「すべてのソース契約条件に同意しますか?」と尋ねられるので、Yを入力してエンターキーを押してください。

PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法
PowerShellのコマンドで現在配信されている最新バージョンを確認する方法

Yを入力してエンターキーを押すと、最新の安定版と、プレビュー リリース版のバージョンが表示されます。

これでこのパソコンに向けた最新版はPowerShellの7.2.6であることが確認できます。

PowerShellの最新バージョンをインストールする方法

現在配信されているPowerShellの最新バージョンと、今使っているPowerShellのバージョンを確認し、最新ではなかった場合は最新版をインストールしましょう。

PowerShellは既存のプログラムをアップデートするわけではなく、過去バージョンを残して新たに最新バージョンをインストールする仕様になっています。
したがって、最新バージョンのPowerShellをインストールしても今インストールされている古いバージョンは消えません。

ここからはPowerShellの最新バージョンをインストールする方法と、インストーラーをダウンロードしてインストールする方法と、PowerShellのコマンドを使ってインストールする方法のそれぞれを詳しく解説していきます。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

まずは、PowerShellの最新バージョンが公開されているMicrosoftの公式サイトに移動してください。

次に、使っているパソコンに応じたインストーラーをダウンロードしてください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

私はWindows11の64bitOSを使っているので、今回は「PowerShell-7.2.6-win-x64.msi」をダウンロードします。

Windowsの32bitOSを使っている場合は、「PowerShell-7.2.6-win-x86.msi」をダウンロードしてください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

ダウンロードしたら、PowerShell-7.2.6-win-x64.msiをダブルクリックしてください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

PowerShell-7.2.6-win-x64.msiをダブルクリックすると「開いているファイル-セキュリティの警告」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

[実行(R)]をクリックしてください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[実行(R)]をクリックすると「Welcome to the PowerShell 7-x64 Setup Wizard」と書かれたウィンドウが開きます。

7-x64の部分はインストールするバージョンや使っているOSのビット数によって異なります。
x86は32ビット、x64は64ビットのことです。

右下にある[Next]をクリックして次へ進んでください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[Next]をクリックインストール先を尋ねられますが、インストール先を特に変更する必要はないのでこのまま右下の[Next]をクリックして次へ進んでください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[Next]をクリックするとインストールオプションの確認画面に移ります。

ここも特に変更する必要がないので右下の[Next]をクリックして次へ進んでください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[Next]をクリックすると、次はPowerShell7にアップデートがあった場合、Microsoft Updateを通じて更新するか否か尋ねられます。

ここも特に変更する必要がないので右下の[Next]をクリックして次へ進んでください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[Next]をクリックすると「Ready to install PowerShell 7-64x」と表示されます。

7-x64の部分はインストールするバージョンや使っているOSのビット数によって異なります。
x86は32ビット、x64は64ビットのことです。

右下の[Install]をクリックしてください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

[Install]をクリックすると「ユーザーアカウント制御」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

インストールを続行する場合は[はい]をクリックして次へ進んでください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

「ユーザーアカウント制御」で[はい]をクリックするとインストールが始まります。インストールが終わると画面が変わるのでこのまま待ってください。

Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする
Microsoftの公式サイトからインストーラーをダウンロードしてPowerShellの最新バージョンをインストールする

PowerShellのインストールが終わると「Completed the PowerShell 7-x64 Setup Wizard」と表示されます。

右下にある[Finish]をクリックしてインストールを終了してください。

これで最新版のパワーシェルがパソコンにインストールされました。

PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする

次はPowerShellのコマンドラインを使って最新のPowerShellをインストールする方法です。

コマンドラインでインストールするほうがインストールウィザードを使うよりも早くインストールできるため、コマンドラインに抵抗がない方にはこちらをオススメします。

PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールするには予め管理者としてPowerShellを起動させておく必要があります。

PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする
PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする

PowerShellを管理者として起動し、以下のコマンドを入力してエンターキーを押してください。

winget install --id Microsoft.Powershell --source winget

評価版をインストールしたい場合は、winget install --id Microsoft.Powershell.Preview --source winget と入力してください。

PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする
PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする

コマンドを入力してエンターキーを押すとインストールが始まります。

PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする
PowerShellのコマンドを使ってPowerShellの最新バージョンをインストールする

「インストールが完了しました」と表示されたらインストールは完了です。

これで最新版のパワーシェルがパソコンにインストールされました。

インストールした最新版のPowerShellを起動する方法

インストールした最新版のPowerShellの起動方法です。

冒頭でもお伝えしたとおり、PowerShellは既存のプログラムをアップデートするわけではなく、過去バージョンを残して新たに最新バージョンをインストールする仕様になっています。

したがって、最新版をインストールした後、パソコンの中には既存の(古い)PowerShellと、最新版のPowerShellがインストールされている状態になります。

インストール先フォルダーから最新のPowerShellを起動する方法

まずはインストール先フォルダーに入っているアプリケーションファイルから起動する方法です。

インストール先フォルダーから最新のPowerShellを起動する方法
インストール先フォルダーから最新のPowerShellを起動する方法

コマンドラインでインストールした場合や、インストールウィザードのデフォルト設定でインストールした場合、PowerShell7は以下のフォルダーに保存されています。

C:\Program Files\PowerShell\7

上記フォルダーの中にある「pwsh.exe」をダブルクリックすることでPowerShell7を立ち上げることができます。

.exeはファイルの拡張子です。
初期設定ではファイルの拡張子は表示されていないため、こちらの「ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法 Windows11」を参考に拡張子を表示する設定に変更してみてください。

インストール先フォルダーから最新のPowerShellを起動する方法
インストール先フォルダーから最新のPowerShellを起動する方法

「pwsh.exe」をダブルクリックするとPowerShell7(x64)が起動します。

PowerShell7ではPowerShellのバージョンを確認するためにコマンドを入力しなくても、起動時にバージョンが明記されています。

検索バーから最新のPowerShellを起動する方法

次に検索バーから起動する方法です。

検索バーから最新のPowerShellを起動する方法
検索バーから最新のPowerShellを起動する方法

タスクバーにあるWindowsキーをクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください

Windowsキーをクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの上部にある検索バーに[powershell]と入力してください。

[powershell]と入力すると、Windows PowerShell以外にPowerShell7(x64)と書かれた項目が表示されます。

PowerShell7(x64)をクリックしてください。

検索バーから最新のPowerShellを起動する方法
検索バーから最新のPowerShellを起動する方法

PowerShell7(x64)をクリックすることで、インストールしたPowerShell7(x64)が起動します。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

最新版のPowerShellをインストールしても、Windowsボタンを[右クリック]→Windowsターミナルで起動した場合は古いPowerShellが起動されてしまいます。

ここでは、Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法を詳しく解説していきます。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

まずはWindowsターミナルを起動するために、タスクバーにあるWindowsボタンを[右クリック]してください。

Windowsボタンを[右クリック]すると上に向かってメニューが展開されます。

キーボードの[Windowsキー]+[xキー]を押すことでもこのメニューが展開されます。
これを応用すると、[Windowsキー]+[x]+[i]でWindows PowerShellをいきなり起動させることができます。

展開されたメニューの中から[Windowsターミナル]または[Windowsターミナル(管理者)]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

[Windowsターミナル]または[Windowsターミナル(管理者)]をクリックすると「Windows PowerShell」が起動します。

左上の方にある[∨]をクリックしてください。

[∨]をクリックすると下に向かってメニューが展開されるので、その中にある[設定]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

[設定]をクリックすると「スタートアップ」と大きく書かれたウィンドウに切り替わります。

左側のメニューの中にある[Windows PowerShell]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

次に、「コマンドライン」と書かれた右にある[参照]をクリックしてください。

ここを最新版のPowerShellのアプリケーションファイルに置き換えていきます。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

[参照]をクリックすると「開く」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

C:\Program Files\PowerShell\7に移動してその中にある[pwh.exe]をクリックしてください。

次に右下の[開く(O)]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

[開く(O)]をクリックすると「コマンドライン」と書かれた枠の中が「C:\Program Files\PowerShell\7\pwh.exe」になります。

次に右下にある[保存]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

再度タスクバーにあるWindowsボタンを[右クリック]して[Windowsターミナル]をクリックしてください。

Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法
Windowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更する方法

最新版のPowerShell(ここではPowerShell7.2.6)が立ち上がります。

これでWindowsターミナルを起動したときに立ち上がるPowerShellを最新のPowerShellに変更することができました。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

PowerShellのバージョンを確認する方法
パソコンにグラフィックボードが搭載されているか確認する方法
Windows11 Homeで仮想環境(Hyper-V)を作成する方法
マウスを左利き用に設定しよう!右クリックと左クリックを入れ替える方法
文字が鮮明に表示されない場合に試してほしいClearTypeテキストチューナー

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11
-,