タスクバーにある時計に曜日や元号を表示する方法 Windows11

タスクバーにある時計に曜日や元号を表示する方法

タスクバーにある時計に曜日や元号を表示するには以下の手順が便利です。
1.[設定]→[時刻と言語]→[言語と地域]→[管理用の言語の設定] をクリック。
2.地域ウィンドウの[形式]タブを選択して、[追加の設置]をクリック。
3.[時刻]タブ、[日付]タブで設定を変更して最後に[適用]をクリック。

Windowsを使っている方は、日頃からタスクバーの右側にある時計や日付をよく見ていると思います。
私は仕事中に時間を確認する時は習慣的に右下のタスクバーにある時計を見ています。(スマホって出しにくい雰囲気のときありますしね)

今回はそんな日常的に使っている右下のタスクバーにある時計(日付)の表示をカスタマイズして今よりちょっと便利にする方法を詳しく解説していきます。

タスクバーにある時計に曜日や元号を表示する方法
タスクバーにある時計に曜日や元号を表示する方法
目次

表示形式を変更する設定画面を開く

まずは表示形式を変更するための設定画面を開きます。

表示形式を変更する設定画面を開く
表示形式を変更する設定画面を開く

Windowsのタスクバー右端にある時刻の書かれた場所を[右クリック]してください。
時刻の書かれた場所を[右クリック]すると、上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの中から[日時を調整する]をクリックしてください。

表示形式を変更する設定画面を開く
表示形式を変更する設定画面を開く

[日時を調整する]をクリックすると、[日付と時刻]と書かれたウィンドウが表示されます。
その下の方にある[関連リンク]内にある[言語と地域]をクリックしてください。

表示形式を変更する設定画面を開く
表示形式を変更する設定画面を開く

[言語と地域]をクリックすると、 [言語と地域]と書かれたウィンドウに遷移します。
そのウィンドウの下の方にある[関連設定]内にある[管理用の言語の設定]をクリックしてください。

表示形式を変更する設定画面を開く
表示形式を変更する設定画面を開く

[管理用の言語の設定]をクリックすると、[地域]と書かれたウィンドウが表示されます。
[地域]と書かれたウィンドウの中にある[形式]タブをクリックし、右下にある[追加の設定(D)] をクリックしてください。

表示形式を変更する設定画面を開く
表示形式を変更する設定画面を開く

[追加の設定(D)] をクリックすると、[形式のカスタマイズ]と書かれたウィンドウが立ち上がります。
この中でWindowsの画面右下のタスクバーにある時計(日付)の表示をカスタマイズしていきます。

タスクバーにある時計に曜日を表示する方法

設定画面まで移動したら、タスクバーにある時計に曜日を表示していきます。

タスクバーにある時計に曜日を表示する方法
タスクバーにある時計に曜日を表示する方法

[形式のカスタマイズ]と書かれたウィンドウの中の[日付]タブをクリックしてください。

タスクバーにある時計に曜日を表示する方法
タスクバーにある時計に曜日を表示する方法

[日付]タブの[データ形式]内にある[短い形式]がWindowsの右端にあるタスクバーに表示されている日付の設定です。
今はyyyy/mm/ddとなっているので、ここに表示される日付もその形式になっています。

タスクバーにある時計に曜日を表示する方法
タスクバーにある時計に曜日を表示する方法

[短い形式]の後ろに半角スペースとdddを入力すると、曜日が1文字で表示されます。

タスクバーにある時計に曜日を表示する方法
タスクバーにある時計に曜日を表示する方法

[短い形式]の後ろに半角スペースとddddを入力すると、曜日が表示されます。

[ddd][dddd]といった書式設定はエクセルで曜日を表示する際にも使います

エクセルで日付から曜日を表示させる方法
エクセルで日付から曜日を表示させる方法

タスクバーにある時計に元号を表示する方法

ここからは日付を和暦に変えて、元号を表示する設定を解説していきます。
設定画面は先程までと同じ、[形式のカスタマイズ]と書かれたウィンドウで行います。

タスクバーにある時計に元号を表示する方法
タスクバーにある時計に元号を表示する方法

[形式のカスタマイズ]と書かれたウィンドウの中の[日付]タブの中から[カレンダーの種類]と書かれた項目を探してください。
カレンダーの種類を[和暦]に変更することで[令和]で表示させることが可能です。
私は業務上西暦を使うことが多いのですが、官庁系の書類では令和表示を求められることが多くあります。
和暦表示の方が便利な人はここから和暦に変更してみてください。
※Windowsのカレンダーが全て和暦で表示されますので注意してください。

タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する方法

ここからは時計の設定になります。
初期設定では24時間表示になっていますが、午前/午後(AM/PM)形式で見るほうが便利な方もいると思います。
午前/午後(AM/PM)形式に変更する方法を解説していきます。

午前/午後(AM/PM)形式に変更する
タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する

形式のカスタマイズ]と書かれたウィンドウの中の[時計]タブをクリックしてください。
[時計]タブの中から[時刻の形式]と書かれた項目を探してください。

[時刻の形式]内にある[時刻(短い形式)]がWindowsのタスクバーに表示されている時刻の設定です。

タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する
タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する

[時刻(短い形式)]のプルダウンで[tt h:mm]を選択すると、午前/午後が表示されます。

タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する
タスクバーにある時計を午前/午後(AM/PM)形式に変更する

[午前の記号]のプルダウンで[AM]を選択すると、午前がAMで表示されます。
[午後の記号]も同様にプルダウンで[PM]を選択すると、午後がPMで表示されます。

タスクバーにある時計の表示を初期設定に戻す方法

表示設定を変更しすぎてよくわからなくなった場合は、[リセット]をクリックすることでこれらの表示を初期設定に
戻すことができます。

タスクバーにある時計の表示を初期設定に戻す方法
タスクバーにある時計の表示を初期設定に戻す方法

Windows右下のタスクバーにある時計は日頃から見ている人もかなり多いと思います。
自分に一番あった表示形式を探ってみてください。

ちなみに私は「西暦表示&曜日」を初期設定で使っています。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次