Windows11の標準機能でWebP画像をjpg等に変換する方法

アプリケーション

Windows11の標準機能でWebP画像をjpg等に変換する方法

最近増えてきているWebP(ウェッピー)画像をjpg、png、gif、bmpに変換するには、Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使うと便利です。

WebP(ウェッピー)はこちらの「ワードプレスで画像を一括でWebPに変換してくれるプラグイン EWWW Image Optimizer」でも紹介したとおり、非常に圧縮率も高く、アニメーションや透過も実現できる優れたファイル形式です。
個人的にはこれから益々普及すると予想しています。

しかし、フォームへの投稿等でWebPが対応していなかったり、やり取りをしている相手方の事情でWebPが使えない場合にはjpgやpngといったこれまでのファイル形式に変換する必要があります。

この記事では、Windows11の標準機能でWebP画像をjpg等に変換する方法を詳しく解説していきます。

Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する

Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法
Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法

まずは、変換したいWebP画像ファイルを右クリックしてください。

次に、[プログラムから開く]をクリックし、[ペイント]を選択してください。

初期設定ではWebPファイルをダブルクリックすると、Google Chromeで画像を開きます。

Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法
Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法

ペイントで対象のWebP画像を開けたら、左上にある[ファイル]をクリックしてください。

[ファイル]をクリックすると、下に向かってメニューが展開されるので、その中にある[名前を付けて保存(A)]をクリックしてください。

[名前を付けて保存(A)]をクリックすると、右に向かってメニューが展開されます。
その中から変換したいファイル形式を選択してください。

Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法
Windowsに標準搭載されている「ペイント」を使ってWebPを変換する方法

変換したいファイル形式を選択すると、「名前を付けて保存」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

そこで保存先を選択し、右下にある[保存(S)]をクリックしてください。

これでWebP(ウェッピー)画像をjpg、png、gif、bmpに変換することが出来ます。

拡張子だけを.png等に変更しても中身はWebPのままです。だいぶ互換性が高まっていますが別物なので注意してください。

画像がWebPファイルなのか確かめる方法

WebP画像の拡張子は.webpです。画像ファイルの名前の最後が.webpになっている場合はWebP(ウェッピー)画像である可能性が高いです。
初期設定では拡張子は表示されていません。拡張子を表示してみたい場合は、こちらの「ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法」を参考にしてください。

ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法

一部のフリーソフトで拡張子を判別するものもありますが、WebPが出現したのが2010年9月30日なので古いソフトでは対応していない場合があります。

この記事では、Pixtabayにあるフリー素材を利用させていただきました。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-, ,