ワードで1ページあたりの行数や文字数を指定する方法

ワードで1ページあたりの行数や文字数を指定する方法

こんな方にオススメ

  • 学校などのレポートや宿題で行数や文字数を指定されている文書を作成する必要がある方
  • 内容証明を作成するにあたって行数や文字数を指定しなければいけない方
  • ワードで原稿用紙のようなマス目のある書式を使いたい方

この記事では、ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法と、原稿用紙のようなマス目のあるページを作成することでページ内の行数や文字数を指定する方法を詳しく解説していきます。

目次

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

[st-mybox title="3行でわかるワードでページ内の行数や文字数を指定する方法" webicon="st-svg-list-ol" color="#757575" bordercolor="#f3f3f3" bgcolor="" borderwidth="3" borderradius="5" titleweight="bold" title_bordercolor="#757575" fontsize="" myclass="st-mybox-class st-title-under st-list-no" margin="25px 0 25px 0"]

  • ワードを立ち上げ、[レイアウト]タブをクリック
  • [レイアウト]タブの「ページ設定」枠の右下にある展開記号をクリック
  • [文字数と行数を指定する]にチェックを入れて、その下で文字数を設定

[/st-mybox]

まずはページ内の行数や文字数を指定する方法から詳しく解説していきます。

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法
ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

ワードを立ち上げ、[レイアウト]タブをクリックしてください。

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法
ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

[レイアウト]タブ内の「ページ設定」枠の右下にある展開記号をクリックしてください。

ワードのウィンドウが縮小されている場合、「ページ設定」枠が表示されない可能性があります。
その場合はワードのウィンドウを最大化してください。

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法
ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

[レイアウト]タブ内の「ページ設定」枠の右下にある展開記号をクリックすると、「ページ設定」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

キーボードショートカットでもこのウィンドウを起動することができます。
ワードの画面でキーボードの[Alt] + [P] + [S] + [P]を押すことでも「ページ設定」ウィンドウを開くことができます。 

その中にある[文字数と行数を指定する]にチェックを入れてください。

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

[文字数と行数を指定する]にチェックを入れた後に、その下の「文字数」を設定していきます。

上の段の「文字数」には1行あたりの文字数を1~44までの間の数値で入力してください。
下の段の「行数」には1ページあたりの行数を1~45までの間の数値で入力してください。

例えば内容証明の場合は、横書きでは1行26文字以内で1枚に20行以内、または1行13文字以内で1枚に40行以内に納める必要はあります。※縦書きの場合は1行20文字以内で1枚に26行以内。
内容証明の字数・行数の制限などもっと詳しい内容についてはこちらの「主な謄本の作成方法等」を御覧ください。

「文字数」と「行数」を入力したら右下の[OK]をクリックしてください。

ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法
ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法

[OK]をクリックすると、指定された文字数と行数に収まるように自動的に文字が配置されるようになります。

これでワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成することができます。

ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法

ここからはページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示して見やすくする方法を詳しく解説していきます。

[st-midasibox title="注意" webicon="st-svg-exclamation-circle faa-flash animated" bordercolor="#f44336" color="" bgcolor="#ffebee" borderwidth="" borderradius="5" titleweight="bold" myclass=""]

ここで紹介する手順で表示する枠はグリッド線です。グリッド線とはワード上に表示される罫線の一種で印刷はされません。
あくまでも文書作成時に見やすくするための目盛です。
印刷される枠を作成したい場合は、このページの下部で紹介している「原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法」で紹介している原稿用紙設定を使ってください。

[/st-midasibox]

ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法
ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法

[レイアウト]タブ内の「ページ設定」枠の右下にある展開記号をクリックし、「ページ設定」ウィンドウを立ち上げてください。

「ページ設定」ウィンドウの立ち上げ方はこの記事上部の「ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法」で詳しく解説しています。

「ページ設定」ウィンドウの下の方にある[グリッド線(W)]をクリックしてください。

ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法
ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法

[グリッド線(W)]をクリックすると「グリッドとガイド」と書かれたウィンドウが立ち上がるので、その中の編集していきます。

[文字グリット線の間隔(Z)]を1文字に変更してください。
半角であれば0.5文字で問題ないですが、全角文字の場合文字グリット間隔を1未満にすると文字とグリッド線が重なります。

[グリッド線を表示する(L)]にチェックを入れてください。
[グリッド線を表示する(L)]にチェックが入っていないとグリッド線が表示されません。

[文字のグリッド線を表示する間隔(本)]にチェックを入れ、右側の値を1に変更してください。
文字のグリッド線を表示する間隔を1未満にすると文字とグリッド線が重なります。

上記画像のように変更したら右下の[OK]をクリックしてください。

ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法
ページ内の行数や文字数を指定した文書に枠を表示する方法

[OK]をクリックすると、ワードの画面上にグリッド線が表示され、文書がより見やすくなります。

ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法

[st-mybox title="3行でわかるワードでページ内の行数や文字数を指定する方法" webicon="st-svg-list-ol" color="#757575" bordercolor="#f3f3f3" bgcolor="" borderwidth="3" borderradius="5" titleweight="bold" title_bordercolor="#757575" fontsize="" myclass="st-mybox-class st-title-under st-list-no" margin="25px 0 25px 0"]

  • ワードを立ち上げ、[レイアウト]タブをクリック
  • [レイアウト]タブ内の[原稿用紙設定]をクリック
  • 「スタイル」と文字数、行数を設定

[/st-mybox]

次に紹介するのはワードに標準で入っている「原稿用紙設定」を使ってページ内の行数や文字数を予め指定してする方法です。

[st-midasibox title="注意" webicon="st-svg-exclamation-circle faa-flash animated" bordercolor="#f44336" color="" bgcolor="#ffebee" borderwidth="" borderradius="5" titleweight="bold" myclass=""]

ワードの原稿用紙設定には20文字✕20行と20文字✕10行しか選択肢がありません。
それ以外の文字数を指定したい場合はこのページ上部で紹介している「ワードでページ内の行数や文字数を予め指定して文書を作成する方法」を使ってみてください。

[/st-midasibox]

ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法
ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法

ワードを立ち上げ、[レイアウト]タブをクリックしてください。

ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法
ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法

[レイアウト]タブ内の[原稿用紙設定]をクリックしてください。

ワードのウィンドウが縮小されている場合、[原稿用紙設定]が表示されない可能性があります。
その場合はワードのウィンドウを最大化してください。

ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法
ワードの原稿用紙設定を使ってページ内の行数や文字数を予め指定する方法

[原稿用紙設定]をクリックすると「原稿用紙設定」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

キーボードショートカットでもこのウィンドウを起動することができます。
ワードの画面でキーボードの[Alt] + [P] + [G]を押すことでも「ページ設定」ウィンドウを開くことができます。 

このウィンドウの中で原稿用紙設定を行うことができます。

原稿用紙設定が終わったら右下の[OK]をクリックしてください。

ワードを原稿用紙のような表示にする
ワードを原稿用紙のような表示にする

[OK]をクリックするとワードの表示が原稿用紙のような表示になります。

ここからは原稿用紙設置の例をいくつか紹介します。

マス目付き原稿用紙

マス目付き原稿用紙で20文字✕10行
マス目付き原稿用紙で20文字✕10行

まずはマス目付き原稿用紙で20文字✕10行を選択した場合の見た目です。

枠の色はすべて緑色で表示されていますがお好みで変更可能です。

マス目付き原稿用紙で20文字✕20行
マス目付き原稿用紙で20文字✕20行

こちらはマス目付き原稿用紙で20文字✕20行を選択した場合の見た目です。

下線付き原稿用紙

下線付き原稿用紙で20文字✕10行
下線付き原稿用紙で20文字✕10行

こちらは下線付き原稿用紙で20文字✕10行を選択した場合の見た目です。

下線付き原稿用紙で20文字✕20行
下線付き原稿用紙で20文字✕20行

こちらは下線付き原稿用紙で20文字✕20行を選択した場合の見た目です。

外枠付き原稿用紙

外枠付き原稿用紙で20文字✕10行
外枠付き原稿用紙で20文字✕10行

こちらは外枠付き原稿用紙で20文字✕10行を選択した場合の見た目です。

外枠付き原稿用紙で20文字✕20行
外枠付き原稿用紙で20文字✕20行

こちらは外枠付き原稿用紙で20文字✕20行を選択した場合の見た目です。

外枠のみの変更の場合見た目に変化はありません。

その他ワードに関する記事

その他ワードに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
ワードでヘッダーとフッターを消す方法 ヘッダーは、ワードを開き、メニューバーから[ 挿入 ] → [ ヘッダー ]と移動し[ ヘッダーの削除 ]をクリックすることで削除できます。 フッターは、ワードを開き、メニ...
ワードでヘッダーとフッターを消す方法
あわせて読みたい
ワードでコメントだけを印刷(出力)する方法 ワードでコメントだけを印刷(PDFに変換)するには、以下の手順で行います。1.Ctrl+Pまたはファイルから印刷をクリック。2.プリンター名の下にある[設定]を展開し、...
ワードでコメントだけを印刷(出力)する方法
あわせて読みたい
ワードで印刷時にコメント表示しない(非表示にする)方法 こんな方にオススメ ワードを印刷するときにコメントを非表示にしたい方 ワードにコメントを常に非表示にしたい方 ワードで印刷時にコメント表示しない(非表示にする)...
ワードで印刷時にコメント表示しない(非表示にする)方法
あわせて読みたい
ワードで文字を入力すると後ろの文字が消える場合の対処方法 こんな人にオススメの記事です ワードで文中に文字を入力するとその後ろにあった文字が消えてしまって困っている人 ワードで後ろの文字が消えてしまう場合は、キーボー...
ワードで入力すると後ろの文字が消える場合の対処方法
あわせて読みたい
ワードとエクセルの初期フォントを変更する方法 ワードやエクセルで新規ファイルを作成した際に設定されている既定のフォント(初期フォント)を変更するには以下の手順で行います。 ワードの初期フォントを変更する方...
ワードとエクセルの初期フォントを変更する方法

[st_af id="7243"]


最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次