Google ChromeでメールリンクをクリックしたときにGmailを開くようにする方法 Windows11

Windows11 アプリケーション

Google ChromeでメールリンクをクリックしたときにGmailを開くようにする方法 Windows11

2022年4月23日

Windows11のGoogle ChromeでメールリンクをクリックしたときにGmailを開くようにするには以下の手順で行います。

  • [Windows]→[設定]→[アプリ]→[既定のアプリ]→[メール]と進む
  • MAILTOをクリックしてGoogle Chromeに変更

普段Google ChromeでGmailをで使っていて、Webサイト内に表示されているメールアドレスのリンクをクリックしたときにOutlookが起動することはありませんか?
そのままGmailの画面に移ってくれたらいいのに、Outlookが立ち上がってしまうせいでメールアドレスをコピーして貼り付けたりしないとけません。

ここでは、メールリンクをクリックしたときにGmailが開くようにするための設定方法を詳しく解説していきます。

この設定を行うことで、Google Chromeで開いているWebサイトのメールリンクをクリックしたときに、デスクトップクライアント(OUTLOOKなど)ではなく、宛先などのメールアドレスが入力された状態でGmailの作成ウィンドウが新しいタブで開きます。

メールリンク(mailto:XXXXX@XX.XX)をクリックしたときに開くアプリケーションはWindows側で制御されているのでWindowsの設定を変更する必要があります。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

Windows11の初期設定では、メールリンク(mailto:XXXXX@XX.XX)をクリックしたときに開く既定のアプリケーションはOUTLOOKになっています。
この既定のアプリケーションをOUTLOOKからGoogle Chromeに変更していきます。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する
メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

まずはデスクトップに表示されているタスクバーにある[Windowsボタン]をクリックしてください。(キーボードのWindowsキーでも可。)

[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが表示されます。
その中にある歯車の形をした[設定]をクリックしてください。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する
メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

[設定]をクリックすると、「システム」とか書かれたウィンドウが開きます。
ここにはパソコンの名前やログインユーザー名が表示されています。

その画面の左側にある[アプリ]をクリックしてください。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

[アプリ]をクリックすると、上記のような画面に移動します。
その中にある[既定のアプリ]をクリックしてください。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

[既定のアプリ]をクリックすると、パソコンにインストールされているアプリケーションの一覧が表示されます。
その中から[メール]を探してクリックしてください。

数字、アルファベット、ひらがな、カタカナ、漢字の順番に並んでいるのでだいぶ下の方にあるかもしれません。
どうしても見つからない場合は上記の画面の上の方にある「アプリの検索」にメールと入力してください。
検索すると「メール」と「メール/カレンダー アカウント」だけが表示され簡単に見つけることができます。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

[メール]をクリックすると、「既定のファイルの種類または既定のリンクの種類を設定します」と書かれた画面に移動します。
MAILTOの中の[メール]をクリックしてください。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する
メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

MAILTOの中の[メール]をクリックすると、「どのアプリで開きますか?」と書かれたウィンドウが表示されます。
ここでメールリンク(mailto:XXXXX@XX.XX)をクリックしたときに開く既定のアプリケーションを選択します。

Google Chromeを選択して[OK]をクリックしてください。

メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する
メールリンクを開く既定のアプリケーションを変更する

[OK]をクリックすると「どのアプリで開きますか?」と書かれたウィンドウが閉じられ、前の画面に戻ります。
その中のMAILTOのところにGoogle Chromeが表示されていたら成功です。

既定のアプリを変更してもメールリンクがGoogle Chrome(Gmail)で開かない場合

Windows11の既定のアプリを変更してもGoogle ChromeでメールリンクをクリックしたときにGmailが立ち上がらない場合は、Google Chromeの設定を変更する必要があります。

Windows側の設定を変更してGoogle Chromeの設定が抜けている場合、Google Chromeでメールリンクをクリックしても何も起動せず無反応な状態になります。
理由としては、WindowsはGoogle Chromeで開くように指示しているにも関わらず、Google Chrome(Gmail)側でそれを受け取れないためです。

ここからはGoogle Chrome(Gmail)の設定について詳しく解説していきます。

既定のアプリを変更してもメールリンクがGoogle Chromeで開かない場合
既定のアプリを変更してもメールリンクがGoogle Chromeで開かない場合

Google ChromeでGmailにアクセスすると、URLの右のほうにひし形を2個重ねたようなマークが表示されている場合があります。
このマークをクリックしてください。

既定のアプリを変更してもメールリンクがGoogle Chromeで開かない場合
既定のアプリを変更してもメールリンクがGoogle Chromeで開かない場合

マークをクリックすると、「すべてのメールリンクをmail.google.comで開きますか?」と書かれたウィンドウがGoogle Chrome上に開きます。
[許可]をクリックしてチェックを入れ、右下にある[完了]をクリックしてください。

これはGoogle Chromeのプロトコル ハンドラと呼ばれる機能を使ってメールリンクをクリックしたらGmailが開くように設定しています。
Google Chromeのプロトコルハンドラはアドレスバーに chrome://settings/handlers と入力することで削除することができます。

これでGoogle ChromeでメールリンクをクリックしたらGmailが開くようになります。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11, アプリケーション
-, ,