Microsoft Edgeのバージョンを確認する方法と最新版へのアップデート方法

アプリケーション

Microsoft Edgeのバージョンを確認する方法と最新版へのアップデート方法

Microsoftが公開しているMicrosoft Edge リリース スケジュールにあるように、Microsoft Edgeは約4週間に1回の頻度で大きなアップデート(メジャーアップデート)が行われており、その都度セキュリティに関するアップデートや、新機能の追加などが行われています。

特別な理由がない場合は、Microsoft Edgeに限らずすべてのソフトウェアはメーカーが推奨する最新状態にしておくことが望ましいです。

ここでは、今使っているMicrosoft Edgeのバージョンを確認する方法と、最新版へのアップデート方法を詳しく解説していきます。

Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法

まず最初にご紹介するのは最も一般的なMicrosoft Edgeの設定画面からバージョン情報を確認する方法です。

Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法
Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法

バージョンを確認したいMicrosoft Edgeを起動し、右上にある[・・・](三点リーダ)をクリックしてください。

[・・・](三点リーダー)などの、よく見かけるけど読み方のわからない記号はこちらで色々ご紹介しています。興味があれば是非見てみてください。

[・・・](三点リーダ)をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。

その中にある歯車のアイコンの[設定]をクリックしてください。

Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法
Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法

[設定]をクリックすると、Microsoft Edgeの設定画面に移動します。

左側のメニューの中にある[Microsoft Edgeについて]をクリックしてください。

Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法
Edgeの設定画面からバージョンを確認する方法

[Microsoft Edgeについて]をクリックすると、右上にMicrosoft Edgeのバージョン情報が記載されています。

今ご紹介している環境のMicrosoft Edgeのバージョンは103.0.1264.71であることがわかります。

Edge専用URLを使ってバージョンを確認する方法

次にご紹介するのが、Microsoft Edgeの専用URLを使ってバージョンを確認する方法です。

一度覚えてしまえば最も簡単にバージョンを確認することができます。

Edge専用URLを使ってバージョンを確認する方法
Edge専用URLを使ってバージョンを確認する方法

バージョンを確認したいMicrosoft Edgeを起動し、アドレスバーに以下のURLを入力してエンターキーを押してください。

edge://version/
Edge専用URLを使ってバージョンを確認する方法
Edge専用URLを使ってバージョンを確認する方法

エンターキーを押すと、一番上のMicrosoft Edgeと書かれた右にバージョン情報が記載されています。

今ご紹介している環境のMicrosoft Edgeのバージョンは103.0.1264.71 (公式ビルド) (64 ビット)であることがわかります。

PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法

ここでは、Microsoft Edgeを起動することなく、PowerShellを使ってMicrosoft Edgeのバージョンを確認する方法をご紹介します。

普段あまりPowerShellやコマンドプロンプト画面を使わない場合は馴染みがないかもしれません。

Microsoft edgeを起動せずに確認できることから、複数台をバッチ処理などで確認するには便利な方法です。

PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法
PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法

キーボードの[Windows]キーと[R]キーを押し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを立ち上げてください。

PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法
PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法

「ファイル名を指定して実行」ウィンドウに[powershell]と入力し、[OK]をクリックしてください。

PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法
PowerShellを使ってEdgeのバージョンを確認する方法

[OK]をクリックすると、青色(設定によっては黒色)の「Windows PowerShell」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

そこに以下のコマンドを貼り付けてエンターキーを押してください。

(get-item ($env:SystemDrive + "\Program Files (x86)\Microsoft\Edge\Application\msedge.exe")).VersionInfo.FileVersion

エンターキーを押すとMicrosoft Edgeのバージョン情報が表示されます。

今ご紹介している環境のMicrosoft Edgeのバージョンは103.0.1264.71であることがわかります。

Edgeを最新版へのアップデートする方法

Edgeを最新版へのアップデートする方法は「マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法」内の「マイクロソフトエッジを最新版にアップデートする」で詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法

その他Microsoft Edgeに関する記事

その他Microsoft Edgeに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

Microsoft Edgeが突然中国語等の他の言語になってしまった時の対処方法
Microsoft Edgeの閲覧履歴などを自動削除する方法
Microsoft EdgeでIEモードを使う方法
Microsoft Edgeで複数タブを閉じる時に「すべてのタブを閉じますか?」と表示させる方法
「Internet explorerモードになっています」を非表示にする方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-