Outlookでメールの署名を設定する方法 Outlook2019

Outlookに署名を設定する方法

こんな方にオススメ

  • Outlook2019を使っている方
  • メールの署名を設定したい方
  • どんなメールの署名が良いか迷っている方

Outlook2019でメールに署名を設定するには以下の手順で行います。

  • Outlookを起動し、[ホーム]→[新しいメール]をクリック
  • リボンの中にある[署名]→[署名(S)]をクリック
  • 「署名とひな型」ウィンドウで署名を設定して[OK]をクリック

このページでは、Outlook(アプリ)でメールの署名を設定する方法から、作成した署名を変更・削除する方法、自動で署名が表示されなくなった場合の対処方法を画像付きで詳しく解説していきます。

Web版Outlookについては操作が異なります。
Web版Outlookを使っている場合は、こちらの「Outlook Web版でメールの署名を設定する方法」をご覧ください。

あわせて読みたい
Outlook Web版でメールの署名を設定する方法 こんな方にオススメ 初めてOutlook Web版を使う方 Outlook Webを使っていて、メールの末尾に署名を登録したい方 OutlookのWeb版でメールに署名を設定するには以下の手順...
Outlook Web版でメールの署名を設定する方法
目次

Outlookでメールの署名を設定する方法

ここからはOutlookでメールの署名を新規に設定する方法を詳しく解説していきます。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

まずはOutlookを起動し、ホームタブを開いてください。
※起動した時点では基本的にホームタブが選択されています。

ホームタブの中にある[新しいメール]をクリックしてください。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

[新しいメール]をクリックすると、「無題 - メッセージ」と書かれた新規メールウィンドウが開きます。

リボンの中にある[署名]をクリックしてください。

[署名]をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。

その中にある[署名(S)]をクリックしてください。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

[署名(S)]をクリックすると、「署名とひな型」と書かれたウィンドウが表示されます。

Outlookではこのウィンドウを使って署名の新規設定や削除などを行います。
[ファイル]→[オプション]→[メール]→[署名]でも「署名とひな型」と書かれたウィンドウを開くことができます。

「署名とひな型」ウィンドウの中にある[新規作成]をクリックしてください。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

[新規作成]をクリックすると、「この署名に名前を入力してください(T)」と書かれたポップアップが表示されます。

ここに覚えやすい署名の名前を入力してください。
※ここでは署名の名前を「デフォルト」としています。

入力が終わったら[OK]をクリックしてください。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

[OK]をクリックすると「この署名に名前を入力してください(T)」と書かれたポップアップが閉じられ、「署名とひな型」ウィンドウに戻ります。

ここで上記画像の黄色い箇所に設定したい署名を入力してください。

署名を入力し終えたら右下の[OK]をクリックして、「署名とひな型」ウィンドウを閉じてください。

ここまでの手順を繰り返すことでOutlookに署名を複数作成することが可能です。

Outlookでメールの署名を設定する方法
Outlookでメールの署名を設定する方法

Outlookに署名を1個だけ登録すると、それが新規メール作成時の初期設定になるため、次回以降新規メールを作成した場合にこの署名が表示されます。

これでOutlookにメールの署名を設定することができました。

送るメールごとに表示する署名を切り替える方法

ここからは、Outlookに署名を複数登録してあり、メールごとに表示させる署名を切り替えたい場合の手順を詳しく解説していきます。

送るメールごとに表示する署名を切り替える方法
送るメールごとに表示する署名を切り替える方法

送信するメールごとに署名を切り替えるには、前提として複数の署名が登録されている必要があります。

複数の署名がOutlookに登録されている場合、リボンの中にある[署名]をクリックすると挿入する署名を選択できるようになります。

Outlookに設定した署名を変更・削除する方法

ここからは、Outlookに設定した署名を変更(修正)する方法と、不要になった署名を削除する方法を詳しく解説していきます。

Outlookに設定した署名を変更(修正)する方法

Outlookに設定した署名を変更(修正)するには、「署名とひな型」ウィンドウから行います。

「署名とひな型」ウィンドウを開くには以下の手順で行います。

  • Outlookを起動し、[ホーム]→[新しいメール]をクリック
  • リボンの中にある[署名]→[署名(S)]をクリック

[ファイル]→[オプション]→[メール]→[署名]でも「署名とひな型」と書かれたウィンドウを開くことができます。

Outlookに設定した署名を変更(修正)する方法
Outlookに設定した署名を変更(修正)する方法

「署名とひな型」ウィンドウを開くと、左上に登録されている署名の名前が表示されます。

この中から変更(修正)したい署名を選択してください。

次に黄色い枠の中にある署名を変更(修正)し、終わったら右下にある[OK]をクリックしてください。

これで選択した署名が変更(修正)されます。

Outlookに設定した署名を削除する方法

Outlookに設定した署名を削除するには、「署名とひな型」ウィンドウから行います。

「署名とひな型」ウィンドウを開くには以下の手順で行います。

  • Outlookを起動し、[ホーム]→[新しいメール]をクリック
  • リボンの中にある[署名]→[署名(S)]をクリック

[ファイル]→[オプション]→[メール]→[署名]でも「署名とひな型」ウィンドウを開くことができます。

Outlookに設定した署名を削除する方法
Outlookに設定した署名を削除する方法

「署名とひな型」ウィンドウを開くと、左上に登録されている署名の名前が表示されます。

その中から削除したい署名を選択し、その左下にある[削除(D)]をクリックしてください。

Outlookに設定した署名を削除する方法
Outlookに設定した署名を削除する方法

[削除(D)]をクリックすると、「指定した署名を削除しますか?署名を使用しているすべての電子メールアカウントは、署名を使用しないように設定されます。」と表示されます。

複数名でOutlookを共有していて、同じ署名を使っている場合、全員がこの署名を使うことができなくなります。

問題なければ[はい]をクリックしてください。

[はい]をクリックすると、このウィンドウが閉じられ、設定した署名が削除されます。

間違って前職とかの署名で送ってしまっては事故になります。使わなくなった署名は早めに削除しておきましょう。

Outlookの署名が自動で挿入されなくなった場合の対処方法

ここからは、メールの署名が自動で挿入されなくなった場合の対処方法を解説していきます。

署名は設定されているのに自動で挿入されなくなった場合は、「署名とひな型」ウィンドウにある「既定の署名の選択」設定を見直してみましょう。

「署名とひな型」ウィンドウを開くには以下の手順で行います。

  • Outlookを起動し、[ホーム]→[新しいメール]をクリック
  • リボンの中にある[署名]→[署名(S)]をクリック

[ファイル]→[オプション]→[メール]→[署名]でも「署名とひな型」ウィンドウを開くことができます。

新規メール作成時に署名が自動で挿入されなくなった場合の対処方法

まずは、左側の「編集する署名の選択」で自動的に挿入されなくなった署名を選択してください。

次に「既定の署名の選択」設定を確認していきます。

電子メールアカウント(A)どのメールアカウント(メールアドレス)から送る時に自動的に挿入するかの選択
※複数のメールアカウントがあある場合に確認してください。
新しいメッセージ(M)新規メール作成時に自動的に挿入する署名の選択(デフォルトでは一番最初に作った署名)
返信/転送(F)返信や転送時に自動的に挿入する署名の選択(デフォルトでは(なし))
「既定の署名の選択」設定

これら3項目を確認し、誤りがある場合は正しい項目に修正し、右下にある[OK]をクリックしてください。

Outlookの署名ファイルの保存場所

最後にOutlookの署名ファイルの保存場所をご紹介します。

Outlookの署名データは以下に保存されています。

急にOutlookに設定した署名が消えてしまった場合は一度確認してみると良いかもしれません。

C:\Users\XXXXXXX\AppData\Roaming\Microsoft\Signatures

※XXXXXXにはパソコンのユーザー名が入ります。

また、このフォルダーは隠しファイルになっているため、このファイルの中身を見るには隠しファイルを表示させる必要があります。

こちらの「ファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法」で隠しファイルの表示方法を詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Outlookの署名ファイルの保存場所
Outlookの署名ファイルの保存場所

上記画像の赤枠で囲ったフォルダーとファイルにOutlookの署名に関する情報が保存されています。

[st_af id="7243"]

その他Microsoft Officeに関する記事

その他Microsoft Officeに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
OutlookからWinmail.datを送らないための設定方法 Outlook2019 こんな方にオススメ 取引先などから添付ファイルが無いと苦情を受けることが多い方 OutlookからWinmail.datを送りたくない方 メール送信先がOutlook以外のソフトを使っ...
OutlookからWinmail.datを送らないための設定方法
あわせて読みたい
添付されているwinmail.datの開き方6選 こんな方にオススメ winmail.datが添付されたメールが来て困っている方winmail.datが何なのかわからない方winmail.datの開き方を知りたい方winmail.datを変換したい方 ...
添付されているwinmail.datの開き方
あわせて読みたい
エクセルやワードの動きが遅い時に試してほしい修復インストール 業務で日々エクセルやワードを使っていると動作が重くなってきたり、突然落ちてしまったりと不具合が生じてくることがあります。 そんなときはOfficeの修復インストール...
エクセルやワードの動きが遅い時に試してほしい修復インストール
あわせて読みたい
エクセルやワードを英語表記にする方法 エクセルやワードを使って英語を勉強したい方や、英語がビジネスで必要な方は、今使っているOfficeソフトに英語などを追加でインストールすることで、日本語と英語を切...
エクセルやワードを英語表記にする方法
あわせて読みたい
ワードやエクセルにインストールされている不要な言語を削除する方法 ワードやエクセルなどのOfficeソフトには表示する言語を追加・変更する機能があり、「エクセルやワードを英語表記にする方法」で紹介しているように、いつでも無料で言...
ワードやエクセルにインストールされている不要な言語を削除する方法
あわせて読みたい
Outlookにパスワードを設定する方法 こんな方にオススメ Outlookのメールを他人に見られたくない Outlookにパスワードを設定したい Outlookに設定されているパスワードを解除したい この記事では、Outlook...
Outlookにパスワードを設定する方法

[st_af id="7243"]

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次