Windows11の右クリックメニューを以前の形に戻す方法

Windows11の右クリックメニューを以前の形に戻す方法

こんな人にオススメの記事です

  • Windows10以前の右クリックメニューに戻したい人
  • Windows11の右クリックメニューが使いにくいと感じている人

Windows11では、ファイルやフォルダーを右クリックした時に表示されるメニューが簡素化されてスッキリしました。
簡素化された結果、頻度高く使っていた名前の変更やショートカットの作成まで非表示になってしまい、パソコンを買い替えて驚いている人も多いと思います。

Windows11の右クリックメニューと以前の右クリックメニューの比較
左がWindows11、右が従来のメニュー。
Windows11の右クリックメニューと以前の右クリックメニューの比較
左がWindows11、右が従来のメニュー。

Windows10以前の右クリックメニューの方が便利だと感じている人も多いと思うので、この記事ではコマンドプロンプトやレジストリエディターを使ってWindows11の右クリックメニューを以前の形(Windows10より前の形)に戻す方法を詳しく解説していきます。

旧仕様の右クリックメニューに戻したい方は是非ご覧ください。

目次

一時的に旧仕様の右クリックメニューを使う方法

過去の右クリックメニュー自体はなくなったわけではなく、別の場所に格納されています。
ここでは必要な時に過去の右クリックメニューを呼び出す方法を詳しく解説していきます。

その他のオプションを表示から旧仕様の右クリックメニューを開く方法

一時的に過去の右クリックメニューを開く方法
一時的に過去の右クリックメニューを開く方法

対象のフォルダーまたはファイルを[右クリック]し、展開されたメニューの一番下にある[その他のオプションを表示]をクリックしてください。

キーボードショートカットを使う方法
一時的に過去の右クリックメニューを開く方法
一時的に過去の右クリックメニューを開く方法

対象のフォルダーまたはファイルを[右クリック]した後に、キーボードの[Shift]キーと、[F10]キーを押すことでも開くことができます。

Shiftを押しながら右クリックして旧仕様の右クリックメニューを開く方法

Windows11のバージョン22H2から[Shift]+[右クリック]で旧仕様の右クリックメニューが表示できる機能が追加されました。

旧仕様の右クリックメニューを最も簡易的に開く方法です。

まだWindows11のバージョン22H2にアップデートしていない方は、こちらの「Windowsアップデートを手動で実行する方法を徹底解説」を参考に手動でWindowsアップデートをしてみてください。

あわせて読みたい
Windows11でWindowsアップデートを手動で実行する方法 こんな方にオススメ。 パソコンを常に最新の状態にしておきたい方 ドライバーのアップデートもWindowsアップデートから実施したい方 Windowsアップデートで突然パソコン...
Windowsアップデートを手動で実行する方法を徹底解説

コマンドプロンプトを使って常に過去(旧仕様)の右クリックメニューを使う方法

毎回Shiftキーを押しながら右クリックするのが面倒な場合は、コマンドプロンプトを使ってパソコンの設定を変更しましょう。
一度パソコンの設定を変更すれば、それ以降は常に過去(旧仕様)の右クリックメニューを使うことができるようになります。

ここからはコマンドプロンプトを使って、常に過去(旧仕様)の右クリックメニューを使う方法を詳しく解説していきます。

コマンドプロンプトを管理者として起動する

STEP
検索バーをクリックする

タスクバーにあるWindowsロゴをクリックしてください。
※タスクバーにWindowsロゴが無い場合は、キーボードのWindowsキーを押してください。

Windowsロゴをクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

展開された一番上の検索バー(「検索するには、ここに入力します」と書かれた部分)をクリックしてください。

コマンドプロンプトを管理者として起動する
コマンドプロンプトを管理者として起動する
STEP
cmdを検索して[管理者として実行]をクリックする

クリックした検索バーの中に[cmd]と入力してください。

[cmd]と入力すると「最も一致する検索結果」にコマンドプロンプトと表示され、その右側にもコマンドプロンプトと表示されます。

右側にある[管理者として実行]をクリックしてください。

コマンドプロンプトを管理者として起動する
コマンドプロンプトを管理者として起動する
STEP
ユーザーアカウント制御画面で[はい]をクリックする

[管理者として実行]をクリックすると「ユーザーアカウント制御」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

左下の[はい]をクリックしてください。

コマンドプロンプトを管理者として起動する
コマンドプロンプトを管理者として起動する
STEP
管理者としてコマンドプロンプトが起動できていることを確認する

「ユーザーアカウント制御」ウィンドウで[はい]をクリックすると、黒色背景のコマンドプロンプトが起動します。そのウィンドウの一番左上が「管理者:コマンドプロンプト」となっていることを確認してください。

「管理者:コマンドプロンプト」になっていれば、管理者としてコマンドプロンプトが起動できています。

コマンドプロンプトを管理者として起動する
コマンドプロンプトを管理者として起動する

右クリックメニューを以前の形に戻すためのコマンドを実行し、パソコンを再起動する

コマンドプロンプトを管理者として起動できたら、次はコマンドを入力していきます。

コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力してエンターキーを押してください。

reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve
右クリックメニューを以前の形に戻すためのコマンドを実行し、パソコンを再起動する
右クリックメニューを以前の形に戻すためのコマンドを実行し、パソコンを再起動する

コマンドが正常に入力されれば「この操作を正しく終了しました。」と表示されます。

この表示を確認した後にパソコンを再起動してください。

再起動が終わるとWindows11の右クリックメニューが以前の形(Windows10より前の形)に戻っています。

レジストリを編集して常に過去(旧仕様)の右クリックメニューを使う方法

常にWindows10より前の右クリックメニューを使うためにはレジストリーを編集する必要があります。
一度設定すれば常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うことができます。
ここからはWindowsのレジストリを編集し、常に過去(旧来)の右クリックメニューを使う方法を詳しく解説していきます。

レジストリの編集にはパソコンの管理者権限が必要です。

レジストリのバックアップをする

Windowsにおけるレジストリファイルは、オペレーションシステムに関する基本的な情報やアプリケーションの設定などのほか、拡張子の関連付け、ユーザパスワードなども保存されている非常に重要なファイルです。

誤った操作をするとパソコン全体に影響を及ぼす可能性があります。
必ず事前にレジストリファイルのバックアップを取ってください。

レジストリをバックアップ及び復元する方法はこちらで詳しく解説していますので、是非参考にしてください。

あわせて読みたい
レジストリをバックアップ及び復元する方法 Windows11 Windowsにおけるレジストリファイルは、オペレーションシステムに関する基本的な情報やアプリケーションの設定などのほか、拡張子の関連付け、ユーザパスワードなども保...
レジストリをバックアップ及び復元する方法

レジストリエディタを開く

Windowsのレジストリを編集するには、まず以下の手順でレジストリエディタを開いてください。

レジストリエディタを開く
レジストリエディタを開く

キーボードの[Windowsボタン] + [R]を押し、「ファイルを指定して実行」と書かれたウィンドウを開いてください。

レジストリエディタを開く
レジストリエディタを開く

その中に[regedit]と入力し、[OK]をクリックしてください。

レジストリエディタを開く
レジストリエディタを開く

[OK]をクリックすると、「ユーザーアカウント制御」と書かれたウィンドウが開きます。
「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と問われるので、[はい]をクリックしてください。

レジストリエディタを開く
レジストリエディタを開く

上記のような画面が開けば成功です。左上に「レジストリエディター」と表示されていることを確認してください。

レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する

ここからはレジストリエディターを使ってレジストリを編集していきます。

レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する
レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する

レジストリエディターのメニューの下に書かれている[コンピューター]を削除してください。

レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する
レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する

削除した場所に以下の文字列をコピペしてエンターキーを押してください。

コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID
レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する
レジストリエディターで コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID に移動する

「CLSID」と書かれたところに移動すれば成功です。

パスをコピペできない場合は、コンピューター → HKEY_CURRENT_USER → Software → Classes → CLSID と順番に左側のツリーメニューをクリックして辿ってください。

CLSIDに新しいキーを追加する

レジストリエディターで「コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID」に移動したら、次はCLSIDに以下の新しいキーを追加していきます。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}
CLSIDに新しいキーを追加する
CLSIDに新しいキーを追加する

CLSIDを右クリックし、右に展開されたメニューの中から[新規(N)]をクリックしてください。
[新規(N)]をクリックすると、再度右にメニューが展開されるので、その中にある[キー(K)]をクリックしてください。

CLSIDに新しいキーを追加する
CLSIDに新しいキーを追加する

[キー(K)]をクリックすると、左側のツリーの中にあるCLSIDの一番下に「新しいキー#1」が追加されます。

CLSIDに新しいキーを追加する
CLSIDに新しいキーを追加する

そのキーの名前を以下の文字列に変更してください。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

これでCLSIDに新しいキーが追加されました。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

ここからは、先程作成した{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新たにキーを追加していきます。
追加するのは以下のキーです。

InprocServer32
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

先程の手順でCLSIDに追加した、{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}を右クリックし、右に展開されたメニューの中から[新規(N)]をクリックしてください。
[新規(N)]をクリックすると、再度右にメニューが展開されるので、その中にある[キー(K)]をクリックしてください。

 {86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

[キー(K)]をクリックすると、左側のツリーの中にある{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}の一番下に「新しいキー#1」が追加されます。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

そのキーの名前を以下の文字列に変更してください。

InprocServer32
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}の下にInprocServer32が追加されたら、右側の画面にある[(既定)]をダブルクリックしてください。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}に新しいキーを追加する

[(既定)]をダブルクリックすると、「文字列の編集」と書かれた小さなウィンドウが立ち上がります。
その中ある「値のデータ(V)」が空欄になっていることを確認し、[OK]をクリックしてください。

「値のデータ(V)」は初期設定では空欄ですが、万が一何か文字が入力されている場合は削除してから[OK]をクリックしてください。

[OK]をクリックすると「文字列の編集」と書かれた小さなウィンドウが閉じるので、そのままレジストリエディターも右上の✕をクリックして閉じてください。
これでレジストリの編集は終了です。

パソコンを再起動して右クリックメニューが変わっているか確認する

レジストリエディターを閉じたあとにパソコンを再起動してください。

レジストリを編集後は再起動することで正常に反映されます。

パソコンを再起動して右クリックメニューが変わっているか確認する
パソコンを再起動して右クリックメニューが変わっているか確認する

再起動後に、フォルダーやファイルを右クリックすることでWindows11の右クリックメニューを以前の形に戻ります。

右クリックメニューを元に戻す方法

過去(旧来)の右クリックメニューを使っていく中で、「やっぱりWindows11のスッキリした方が良い」と思うかもしれません。
元に戻すには、コマンドプロンプトから操作するか、CLSIDに作成したレジストリキーを削除します。

コマンドプロンプトを使って右クリックメニューを元に戻す方法

コマンドプロンプトを使って右クリックメニューを元に戻すには、コマンドプロンプトを管理者として起動した後に以下のコマンドを入力してください。

reg.exe delete "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}" /f
コマンドプロンプトを使って右クリックメニューを元に戻す方法
コマンドプロンプトを使って右クリックメニューを元に戻す方法

コマンドが正常に入力されれば「この操作を正しく終了しました。」と表示されます。

この表示を確認した後にパソコンを再起動してください。

再起動後にファイルやフォルダーを右クリックすると、Windows11のスッキリした右クリックメニューに戻っています。

レジストリエディターから右クリックメニューを元に戻す方法

レジストリエディターから元に戻すには「レジストリを編集して常に過去(旧仕様)の右クリックメニューを使う方法」で作成した以下のレジストリキーを削除します。

{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}
常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合
常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合

レジストリエディターで「コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID」に移動し、その中にある{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}を右クリックしてください。

追加した時は一番下にありましたが、再起動すると並びが変わっているので注意してください。

右クリックすると、右に向かってメニューが展開されるので、その中にある[削除(D)]をクリックしてください。

常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合
常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合

[削除(D)]をクリックすると、「キーの削除の確認」と書かれたウィンドウが開きます。
[はい]をクリックしてください。

常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合
常に過去(旧来)の右クリックメニューを使うのをやめたい場合

CLSIDの中から{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}が消えれば成功です。

レジストリエディターの右上にある✕をクリックしてレジストリエディターを閉じてパソコンを再起動してください。
再起動後にファイルやフォルダーを右クリックすると、Windows11のスッキリした右クリックメニューに戻っています。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトは情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

解説している内容に誤りがあった場合や、補足が必要な場合、もっと知りたい場合はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
個人の方を限定にサポートさせていただきます。

実行環境
Windows11 Home 22H2
64 ビット オペレーティング システム
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次