Windows11

Windows11の文字が鮮明に表示されない場合に試してほしい ClearTypeテキストチューナー

2021年12月26日

Windows11にアップデートした後にパソコンで表示される文字が鮮明に表示されず、若干ぼやけていたり、文字が揺れているように見えたりして見ずらくなっている場合があります。

Windows11にはこの状態から改善するための機能[ClearTypeテキストチューナー]が標準で備わっています。
※何故か初期値では無効になっているケースも多く、私のパソコンでも無効になっていました。

Windows標準機能で安心安全です。まだ使ったことのない人は是非使ってみてください。

ここでは、文字を見やすくしてくれるClearType(クリアタイプ)テキストチューナーについて詳しく解説していきます。

ClearTypeテキストチューナーの開き方

  • コントロール パネルからフォントに移動し、左側にあるClearTypeテキスト調整をクリック。
  • ClearTypeテキストチューナーが起動するので画面に沿って進んでください。

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーとは

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーとは、WindowsXP以降に標準的に備わっているフォントスムージングテクノロジーです。
サブピクセルレンダリングを使用して一番見やすいテキストサンプルを選んで進むことで、画面上のフォントを滑らかにしたり、文字を濃くしたりし、画面に表示される文字を読みやすくしてくれます。

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーとは
ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーとは

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーの開き方

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーはコントロールパネルから開くことができます。

1.コントロールパネルを開く

1.コントロールパネルを開く
1.コントロールパネルを開く

タスクバーに表示されているWindowsボタンをクリックして(もしくはキーボードにあるウィンドウズボタンを押して)ください。
Windowsボタンをクリック すると上に向かってメニューが展開されます。

一番上にある検索バーに[こんと]と文字を入力してください。
[最も一致する検索結果]の欄に[コントロールパネル]が表示されるので、[コントロールパネル]をクリックしてください。

2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く

2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く
2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く

[コントロールパネル]を開いたら、右上にある[表示方法]のプルダウンを[小さいアイコン(S)]に変更してください。

2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く
2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く

[小さいカテゴリ]に変更すると、[すべてのコントロールパネル項目]が開きます。
この中にある[フォント]をクリックしてください。

2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く
2.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーを開く

[フォント]ウィンドウの左側にある[ClearTypeテキスト調整]をクリックしてください。
これでClearType(クリアタイプ)テキストチューナーが開かれます。

3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する

3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する
3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する

ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーが開かれると、文字を見やすくする設定に進みます。

[ClearTypeを有効にする(C)]にチェックが入っていない場合は、チェックを入れて[次へ]をクリックしてください。

3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する
3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する

[ディスプレイモニターはネイティブの解像度に設定されています。]と表示されるので[次へ]をクリックしてください。

3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する
3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する

最も読みやすいテキストサンプルをクリックしてください。(1/5)の画面が表示されます。
ここから読みやすいテキストサンプルをクリックして(青枠になります)[次へ]をクリックしていきます。

5/5まであるので、それぞれの中で最も読みやすいテキストサンプルを選択してください。

3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する
3.ClearType(クリアタイプ)テキストチューナーで設定する

最も読みやすいテキストサンプルを選択し終えると[モニターのテキスト調整が完了しました]と表示されるので、[完了(F)]をクリックしてください。

私は文字が濃いのが好きみたいで基本的に太い文字を選んで進みました。

これでClearTypeテキストチューナーの解説はお終いです。
文字を読みやすくするフリーソフトもありますが、まずはWindowsの標準機能で調整してみるのを推奨します。

画面に表示される文字が読みにくいと感じた人は是非試してみてください。

文字の縁がギザギザしていると感じる場合

ClearTypeテキストチューナーで文字の調整をしてもパソコンに表示される文字の縁がギザギザしていると感じる場合は、Windowsの視覚効果の設定を見直してみてください。

Windowsの視覚効果には「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」という機能があり、それが無効になっていると文字がギザギザして見える場合があります。

スクリーンフォントの縁が滑らかな場合と、滑かではない場合の比較
スクリーンフォントの縁が滑らかな場合と、滑かではない場合の比較

スクリーンフォントの縁を滑らかにする方法は、こちらの「視覚効果の一部は有効にしておく方が便利」で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Windows11をパフォーマンス優先に変更してパソコンの動作を早くする方法

文字が小さすぎて画面が見づらい場合

画面に表示される文字が小さすぎて見えづらい場合は、文字の大きさを変更してみてください。
以下のページでWindows11の文字やアプリの表示サイズを大きくする方法を解説していますので是非ご覧ください。

Windows11の文字やアプリの表示サイズを大きくする方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11
-,