Microsoft Storeが正常に起動しない場合の対処法を徹底解説

Microsoft Storeが正常に起動しない場合の対処法を徹底解説

こんな人にオススメの記事です

  • Microsoft Storeを起動することができなくなってしまった人
  • Microsoft Storeの動きが凄く遅くなってしまった人
  • Microsoft Storeの表示がおかしくなってしまった人

この記事ではMicrosoft Storeの起動が遅くなってしまったり、Microsoft Storeが正常に起動できなくなってしまった場合の対処法を詳しく解説していきます。

Microsoft Storeが正常に起動しない場合は上から順番に試してみてください。
この順番は、治る可能性が高く、操作も簡単なものから順番にご紹介しています。

Microsoft Storeを使うにはインターネットに接続されている環境が必須です。
ここではパソコンがインターネットに接続されていることを前提に解説を進めています。

目次

Windowsアップデートでパソコンを最新の状態にする

まずはWindowsアップデートを手動で実行して、Windowsを最新の状態に更新してみてください。
Windowsアップデートはパソコンを最新の状態に保つだけではなく、セキュリティの更新やバグ修正等が含まれているため非常に重要です。

Windowsアップデートを手動で実行する方法はこちらの「Windows11でWindowsアップデートを手動で実行する方法を徹底解説」で詳しく解説しているので御覧ください。

あわせて読みたい
Windows11でWindowsアップデートを手動で実行する方法を徹底解説 こんな人にオススメの記事です パソコンを常に最新の状態にしておきたい方 ドライバーのアップデートもWindowsアップデートから実施したい方 Windowsアップデートで突然...
Windows11でWindowsアップデートを手動で実行する方法を徹底解説

パソコンの時刻がずれていないか確認する

Microsoft Storeはパソコンの時刻(時計)が大幅にずれていると正常に起動できない場合があります。

デスクトップ画面の右下に表示されているパソコンの時計を確認し、正しい日時とのずれが無いか確認してください。

パソコンの時刻がずれていないか確認する
パソコンの時刻がずれていないか確認する

パソコンの時刻(時計)が大幅にずれているは正しい時刻に設定し直す必要があります。

こちらの「Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法を徹底解説」ではパソコンの時刻(時計)を正しい時刻に設定する方法を詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

あわせて読みたい
Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法を徹底解説 こんな人にオススメの記事です パソコンに表示されている時刻がずれて困っている人 パソコンの時計を正しい時間に設定したい人 パソコンの時計をずれなくする方法を探し...
Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法を徹底解説

Microsoft Storeをリセットする

次にMicrosoft Storeの設定をリセットしていきます。

Microsoft Storeの設定をリセットしても、Microsoft Storeへのログイン情報や、これまでに購入したアプリやダウンロード(アップデート)したアプリが消えてしまうことはありません。

STEP
Windowsの[設定]をクリックする

キーボードのWindowsキーを押すか、タスクバーにあるWindowsボタンをクリックしてください。

Windowsボタンをクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

その中にある[設定]をクリックしてください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
[アプリ]をクリックする

[設定]をクリックすると「システム」と書かれたWindowsの設定画面が開きます。

その画面の左側メニューにある[アプリ]をクリックしてください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
[インストールされているアプリ]をクリックする

[アプリ]をクリックすると「アプリ」と大きく書かれた画面に移動します。

その画面右側にある[インストールされているアプリ]をクリックしてください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
Microsoft Storeの[詳細オプション]をクリックする

[インストールされているアプリ]をクリックすると「アプリ > インストールされているアプリ」と大きく書かれた画面に移動します。

その画面にはWindowsにインストールされているアプリが一覧で表示されます。

その中から[Microsoft Store]を探し、右側にある[三点リーダ]をクリックしてください。

[…](三点リーダー)などの、よく見かけるけど読み方のわからない記号はこちらで色々ご紹介しています。興味があれば是非見てみてください。

[三点リーダ]をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの中にある[詳細オプション]をクリックしてください。

Windowsにインストールされているアプリの一覧にMicrosoft Storeが無い場合はパソコンにMicrosoft Storeをインストールする必要があります。
Microsoft Storeの再インストール方法はページ下部の「Microsoft Storeをアンインストールして再インストールする」で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
Microsoft Storeの[リセット]をクリックする

[詳細オプション]をクリックすると「アプリ > インストールされているアプリ > Microsoft Store」と書かれた画面に移動します。

その中にある[リセット]をクリックしてください。

修復を試してみても良いかと思いますが、リセットのほうが改善する可能性が高いため、ここではリセットで進めます。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
確認メッセージで再度[リセット]をクリックする

[リセット]をクリックすると「このデバイス上のアプリのデータが、基本設定とサインインの詳細を含めて完全に削除されます。」と確認メッセージが表示されます。

問題無ければ[リセット]をクリックしてください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする
STEP
リセットが終わるのを待つ

[リセット]をクリックするとMicrosoft Storeのリセットが始まります。

完了するまでこのまま待ってください。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする

リセットの右にチェックマークがついたらリセットは完了です。

Microsoft Storeをリセットする
Microsoft Storeをリセットする

リセット後にMicrosoft Storeを起動させ、正常に起動するか確認してみてください。

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする

次にMicrosoft Storeのキャッシュをクリアしていきます。

Microsoft Storeのキャッシュが溜まりすぎてしまうとMicrosoft Storeの起動に時間がかかったり、正常に起動できなくなってしまう場合があります。

Microsoft StoreのキャッシュはPowerShellから削除することができます。

PowerShellは見た目が文字だらけなので抵抗があるかもしれませんが、今回行う作業はミスしてもパソコンに致命的な害を及ぼすものではないので安心してください。

STEP
Windowsボタンを右クリックし、[ターミナル(管理者)]をクリックする

まずはタスクバーにある[Windowsロゴ]を右クリックしてください。

[Windowsロゴ]を右クリックすると上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの中にある[ターミナル(管理者)]をクリックしてください。

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
STEP
ユーザーアカウント制御画面で[はい]をクリックする

[ターミナル(管理者)]をクリックすると「ユーザーアカウント制御」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

[はい]をクリックしてください。

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
STEP
PowerShellが管理者で起動できていることを確認する

「ユーザーアカウント制御」で[はい]をクリックすると背景が黒いPowerShellが起動します。

左上に「Administrator」と書かれていることを確認してください。

PowerShell起動時に「新しいPowerShellがあります。(A new PowerShell stable release is available)」と表示される場合は、PowerShellを最新版にアップデートすることができます。
PowerShellを最新版にアップデートする方法はこちらの「PowerShellの最新バージョンをインストールする方法」で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
STEP
wsreset.exeを実行する

PowerShellに以下のコマンドを実行してください。

wsreset.exe

コマンドを入力してエンターキーを押しても何かメッセージが表示されることもなく、コマンドは終了します。

コマンドが無事に終了したらMicrosoft Storeが起動します。

Microsoft Storeのキャッシュをクリアする
Microsoft Storeのキャッシュをクリアする

Microsoft Storeをアンインストールして再インストールする

次にMicrosoft Storeをアンインストールして再インストールしていきます。

Microsoft Storeはコントロールパネルなどからのアンインストールができないため、引き続きPowerShellを使います。

STEP
Microsoft Storeをアンインストールする

PowerShellを管理者で起動し、以下のコマンドをコピーしてPowerShellに貼り付けてください。

get-appxpackage *microsoft.WindowsStore* | remove-appxpackage
Microsoft Storeをアンインストールする
Microsoft Storeをアンインストールする

コマンドを入力してエンターキーを押すと、黄色いインジケーターが進み、アンインストールが実行されます。
5~10秒程度でアンインストールは完了します。

Microsoft Storeをアンインストールする
Microsoft Storeをアンインストールする
STEP
Microsoft Storeを再インストールする

コンピューターからMicrosoft Storeをアンインストールしたら次は再インストールしていきます。

以下のコマンドをコピーしてPowerShellに貼り付けてください。

Get-AppXPackage -AllUsers -Name microsoft.WindowsStore | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml" -Verbose}

コマンドを入力してエンターキーを押すと、黄色いインジケーターが進み、Microsoft Storeのインストールが実行されます。
5~10秒程度でインストールは完了します。

Microsoft Storeを再インストールする
Microsoft Storeを再インストールする

再インストールが完了したらMicrosoft Storeが正常に開くことを確認してください。

システムファイルチェッカーを使用してパソコンのシステムファイルに異常がないか確認する

ここまで試してもMicrosoft Storeが正常に起動できない場合は、Microsoft Storeの問題ではなくWindowsのシステムファイルに問題が発生している可能性が高いです。

システムファイルチェッカーを使用してパソコンのシステムファイルに異常がないか確認し、異常がある場合は収縮するための操作を詳しく解説していきます。

STEP
コマンドプロンプトを管理者として起動する

システムファイルチェッカーを使うために、まずはコマンドプロンプトを管理者として起動させる必要があります。
以下の記事を参考にコマンドプロンプトを管理者として起動してください。

あわせて読みたい
Windows11でコマンドプロンプトを開く方法 Windows11でコマンドプロンプトを開く(管理者として開く)方法を詳しく解説していきます。 コマンドプロンプトとは、キーボードでコマンドを入力して命令を実行するツ...
Windows11でコマンドプロンプトを開く方法
STEP
DISM(システムイメージ修復ツール)を実行

コマンドプロンプトを管理者として起動させたら、次はDISM(システムイメージ修復ツール)を使って修復します。

DISM(システムイメージ修復ツール)を実行
DISM(システムイメージ修復ツール)を実行

コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力してエンターキーを押してコマンドを実行してください。

DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth

これは、Windowsのシステムイメージをチェックし、不具合が見つかった場合はWindows Updateを通じて不具合のあるファイルを修復してくれるコマンドです。

DISM(システムイメージ修復ツール)を実行
DISM(システムイメージ修復ツール)を実行

「復元操作は正常に完了しました。」と表示されれば成功です。

STEP
sfc /scannowを実行

DISM(システムイメージ修復ツール)を実行したら次はsfcコマンドを使ってWindowsで保護されているシステムファイルの修復を行います。

sfc /scannowを実行
sfc /scannowを実行

コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力してエンターキーを押してコマンドを実行してください。

sfc /scannow

このコマンドはWindowsで保護されているシステムファイルに異常がある場合に修復してくれるコマンドです。

sfc /scannowを実行
sfc /scannowを実行

「検証100%が完了しました。」と表示され、その下に実行結果が表示されます。

私の場合は「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかりましたが、それらは正常に修復されました。」と表示されたので、sfc /scannowを実行することで何かしらの不具合が解消されました。

実行結果が表示されれば終了です。コマンドプロンプト右上にある✕印をクリックしてウィンドウを閉じてください。

コマンドプロンプトのウィンドウを閉じたあと、Microsoft Storeを起動してみてください。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトは情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

解説している内容に誤りがあった場合や、補足が必要な場合、もっと知りたい場合はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
個人の方を限定にサポートさせていただきます。

実行環境
Windows11 Home 22H2
64 ビット オペレーティング システム
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次