Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法

Windows11

Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法

2022年4月27日

Windowsにはインターネット上にあるNTPサーバー(正しい時刻を配信しているサーバー)を使って常に正しい時刻を表示する機能があります。

しかし、パソコンを使っていくとバッテリーやCMOS電池の摩耗により時間の設定がずれていってしまう場合があります。
ほとんどの場合はパソコンを起動し、インターネットに接続されている状態である程度時間が経過すると改善(Windowsが時刻を修正)しますが、稀に改善されない場合があります。

この記事では、Windows11でパソコン内の時計がずれてしまった場合の対処方法を詳しく解説していきます。

会社などで使っているパソコンの場合、Active Directoryで時計の管理をしている場合があります。
その場合はパソコン側で時刻を修正してもまたすぐにずれてしまいます。時刻を何度修正してもずれてしまう場合は情シスに聞いてみてください。

デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する(オンライン)

この方法はパソコンがインターネットにつながっている状態で行う必要があります。

デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する
デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する

デスクトップの一番右下にある時計を[右クリック]してください。
時計を[右クリック]すると、上に向かってメニューが展開されます。

その中にある[日時を調整する]をクリックしてください。

デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する
デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する

[日時を調整する]をクリックすると、「時刻と言語 > 日付と時刻」と書かれたウィンドウが表示されます。
その画面の下の方にある[今すぐ同期]をクリックしてください。

タイムゾーンが間違っていると正しい時刻にはならないので、タイムゾーンが「(UTC+09:00)大阪、札幌、東京」になっていることを確認してください。

デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する
デスクトップに表示されている時計から時刻を修正する

[今すぐ同期]をクリックして時間の同期に成功した場合は、その左側に✔が表示されます。

コントロールパネルから時刻を修正する(オンライン)

この方法はパソコンがインターネットにつながっている状態で行う必要があります。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

まずはコントロールパネルを開いていきます。

タスクバーに表示されている[Windowsボタン]をクリックして(もしくはキーボードのWindowsキーを押して)ください。
[Windowsボタン]をクリックすると、上に向かってメニューが展開されます。

一番上にある検索バーに[こんと]もしくは[control]と入力してください。
「最も一致する検索結果」に表示される[コントロールパネル]をクリックしてください。

コントロールパネルはパソコンの設定をする上で頻度高く利用します。
こちらの「Windows11のデスクトップ等にコントロールパネルのショートカットを作成する方法」を参考にショートカットを用意しておくと便利かもしれません。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

[コントロールパネル]が開いたら、右側にある[時計と地域]をクリックしてください。

画面の表示が異なる場合は、コントロールパネルの右上にある「表示方法」をクリックし、[カテゴリ]を選択してください。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

次に[日付と時刻]をクリックしてください。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

[日付と時刻]をクリックすると、「日付と時刻」と書かれたウィンドウが開きます。
そのウィンドウの中にある[インターネット時刻]タブをクリックしてください。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

[インターネット時刻]タブを開いたら、その画面の中にある[設定の変更(C)]をクリックしてください。

管理者権限が必要になる場合があります。

コントロールパネルから時刻を修正する
コントロールパネルから時刻を修正する

[設定の変更(C)]をクリックすると、「インターネット時刻設定」と書かれた小さなウィンドウが開かれます。
その中にある[今すぐ更新(U)]をクリックしてください。

インターネット時刻サーバーと同期する(S)にチェックが入っていない場合はチェックを入れてください。
また、サーバー(E)欄には、[time.windows.com]と書かれていることを確認してください。

時刻の同期が完了したら、同じウィンドウの中に「時計は正常に XXXXXXにtime.windows.comと同期しました。」と表示されます。

コマンドプロンプトから時刻を修正する(オンライン)

この方法はパソコンがインターネットにつながっている状態で行う必要があります。

まずはコマンドプロンプトを管理者として起動する必要があります。
「Windows11でコマンドプロンプトを開く方法」でコマンドプロンプトを管理者として起動するを詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

Windows11でコマンドプロンプトを開く方法

コマンドプロンプトを管理者権限で開くことができたら、以下の手順に進んでください。

コマンドプロンプトから時刻を修正する
コマンドプロンプトから時刻を修正する

コマンドプロンプトを管理者権限で開くと、コマンドプロンプトの左上に「管理者」コマンドプロンプト」と表示されます。

コマンドプロンプトから時刻を修正する
コマンドプロンプトから時刻を修正する

コマンドプロンプトに以下のコマンドを入力してエンターキーを押してください。

w32tm /resync
コマンドプロンプトから時刻を修正する
コマンドプロンプトから時刻を修正する

コマンドを実行して成功すると以下のメッセージが表示されます。

C:\WINDOWS\system32>w32tm /resync
再同期コマンドをローカル コンピューターに送信しています
コマンドは正しく完了しました。
C:\WINDOWS\system32>

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

この手順はオフラインでも行うことができます。

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)
コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

コントロールパネルを開き、その中にある[時計と地域]をクリックしてください。

コントロールパネルの開き方は、こちらの「コントロールパネルから時刻を修正する(オンライン)」を参考にしてください。

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)
コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

次に[日付と時刻]をクリックしてください。

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)
コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

[日付と時刻]をクリックすると、「日付と時刻」と書かれた小さなウィンドウが立ち上がります。
その中にある[日付と時刻の変更(D)]をクリックしてください。

管理者権限が必要になる場合があります。

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)
コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

[日付と時刻の変更(D)]をクリックすると、左側にカレンダー、右側に時計が書かれた「日付と時刻の設定」というウィンドウが開きます。
正しい時刻(日付)を入力して右下にある[OK]をクリックしてください。

コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)
コントロールパネルから時刻を手動で修正する(オフライン)

[OK]をクリックすると、「日付と時刻」ウィンドウに戻るので、再度右下にある[OK]をクリックしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11
-,