インストール不要のディスクの使用状況チェックツール

アプリケーション

どのフォルダーがディスク容量を圧迫してるか見やすく表示!インストール不要のディスクの使用状況チェックツール

日々パソコンを利用していくと不要なファイルや、予期せぬファイルがだんだん増えていきディスク容量を圧迫していきます。

こちらの「ディスクの空き容量をWindows標準機能でガッツリ増やす方法」で紹介している方法でディスクの空きを作るのも必要ですが、どのフォルダーがディスク容量を圧迫してるかを知ることも重要です。

この記事では、どのフォルダーが何GB使用しているのかを知るためのフリーソフト(インストール不要)をご紹介していきます。

紹介しているソフトはあくまでも、どのフォルダーが何GB使用しているのかを知るためのものです。
不要なファイルを消してくれるようなフリーソフトではありませんのでご注意ください。

選定にあたっての前提条件

  • インストールが不要であること
    色々なソフトをインストールすることで不具合が起きてしまうのが怖いのでインストール不要のソフトを紹介しています。
  • どのフォルダーが何GB使用しているのかを可視化してくれること
    数字とフォルダー名の羅列だけでなく、グラフィックも使用されていて見やすいソフトを紹介しています。
  • フリーソフトであること
    有料ソフトではなく、フリーソフトを紹介しています。

これらが今回紹介するソフトの前提条件です。

フォルダ容量表示FileSum 64ビット版 - シンプルなインストール不要のフリーソフト

シンプルで高速なインストール不要のディスクの使用状況チェックツールです。

フォルダ容量表示FileSum 64ビット版
フォルダ容量表示FileSum 64ビット版
対応しているOSWindows 10/8/7/Vista/XP
Windows11 64bit版でも動作を確認しました。
商用利用
最終更新2016/5/8
サポート作成者様へのメール問い合わせ
作成者様のホームページが記載されており、その中にメールアドレスが記載されています。
主な機能深い階層のディレクトリでも、子、孫...のディレクトリの容量も計算して 調査します。非常に軽く、高速に調査します。
調査結果を棒グラフで表し、直感的にわかります。またクラスタギャップで生じる ムダ領域をグラフの白抜きで表します。
容量の表示単位をKB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)に切り替え可能です。
ネットワークドライブも調査可能です。
調査結果をCSV形式で出力可能です。
フォルダ容量表示FileSum 64ビット版 概要

Windows10 64bitでの動作報告まではWindows 10上でのアプリケーションの動作報告を集めているサイトに掲載されていますが、実際にWindows11 64bitで動かしてみたところ問題なく動作しています。
細かいところまでは不明ですが、Windows10 64bitでは「フォルダ数が多い場合、ソート中に応答なしになる」不具合が起きているようです。

また、ヘルプはWindows11では機能しませんでした。「ヘルプの起動に失敗しました。」とポップアップが表示されます。

Windows11 64bit版でも動作を確認しましたが「応答なし」になりました。しばらく待っていると自然と復活しました。
恐らくスペックに関わらず量が多いとフリーズはするものだと思います。

フォルダ容量表示FileSum 64ビット版はこちらのサイトからダウンロード可能です。
圧縮ファイル(fs301.zip)がダウンロードできるので、展開してからFileSum.exeを起動してください。

.zipや.exeが表示されていない場合は拡張子が非表示になっている可能性があります。
これらの拡張子を表示させたい場合は「ファイルの拡張子と隠しファイルを簡単に表示する方法」で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

使い方は非常に簡単で、FileSum.exeを起動した後に調査したいドライブ(ネットワークドライブ含む)を選択して「START」をクリックするだけです。

「表示」や「設定」で設定項目を選択することはできますが、基本的には「表示の単位」をMB(メガバイト)かGB(ギガバイト)に切り替えるくらいです。

各階層の使用量を簡単に可視化出来る便利なツールです。
ヘルプは起動しませんが、ヘルプを利用することがないくらい操作は簡単です。

DiskInfo 32bit and 64bit - 多機能なインストール不要のフリーソフト

多機能なインストール不要のディスクの使用状況チェックツールです。

DiskInfo 32bit and 64bit
対応しているOSWindows 10/7 32bitと64bit両方のプログラムがあります。
Windows11 64bit版でも動作を確認しました。
商用利用
最終更新2019/1/29
サポートなし。作成者様のホームページの閉じられています。ReadMe.txtのみ。
主な機能深い階層のディレクトリでも、子、孫...のディレクトリの容量も計算して 使用量や使用率などをわかりやすく一覧表示します。
調査結果を棒グラフで表し、直感的にわかります。
解析結果を保存することで、過去と現在との解析結果を比較することが可能。
解析結果をExcelまたはテキスト形式(CSV)でエクスポートすることが可能。
アプリケーション上から選択したファイルやフォルダーを削除することも可能。
容量の表示単位をKB(キロバイト)、MB(メガバイト)、GB(ギガバイト)に切り替え可能。
ネットワークドライブも調査可能。
ファイルやフォルダーの所有者情報の取得が可能。
アプリケーション上でファイルやフォルダーの検索が可能。
コマンドラインでの実行が可能。
どのファイルをすべて削除したら、どの程度ディスク容量が空くのかという目安がわかる。
DiskInfo 概要

Windows10 64bitでの動作報告まではWindows 10上でのアプリケーションの動作報告を集めているサイトに掲載されていますが、実際にWindows11 64bitで動かしてみたところ問題なく動作しています。
細かいところまでは不明ですが、Windows10 64bitでは「解析ボタンを押すと、ツールが落ちる。」不具合が起きているようです。

作成者様のホームページが閉じられていることから、操作方法に関してはダウンロードしたzipファイルに含まれているReadMe.txtのみになります。

DiskInfoはこちらのサイトからダウンロード可能です。
圧縮ファイル(diskinfo643.3.7.0.zip)がダウンロードできるので、展開してからDiskInfo3.exeを起動してください。

.zipや.exeが表示されていない場合は拡張子が非表示になっている可能性があります。
これらの拡張子を表示させたい場合は「ファイルの拡張子と隠しファイルを簡単に表示する方法」で詳しく解説しているので、是非ご覧ください。

DiskInfoはかなり高機能なソフトで、これひとつでディスクの空き容量管理ができます。
一方で機能が多く、操作性が若干複雑に感じる場面もあるかもしれません。

過去の解析結果との比較は、他のソフトにはない機能です。

その他オススメのフリーソフト

その他オススメのフリーソフトはこちらです。ぜひご覧ください。

インストール不要の電子印鑑作成ツール
インストール不要のバックアップソフト

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-