Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

Windows11 アプリケーション

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

Microsoft Edgeに保存したIDやパスワードといったログイン情報をCSV形式(エクセル形式)でバックアップする方法を紹介します。

  • Microsoft Edgeのアドレスバーに edge://settings/passwords を入力してエンター
  • [2 保存されたパスワード]の右にある縦の[・・・]をクリック
  • [パスワードをエクスポート]をクリックしてエクスポート

edge://settings/passwordsはMicrosoft Edge専用のURLです。他のブラウザーでは開けないので注意してください。

パソコンの入れ替え時に、ブラウザーに保存されているログイン情報をエクセル形式で持ち運べると非常に便利です。

ここではMicrosoft Edgeで保存したIDやパスワードをバックアップする方法を詳しく解説していきます。

Google Chromeで保存したIDやパスワードをバックアップする方法はこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

Google Chromeで保存したIDやパスワードをバックアップする方法

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

ここからは、Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法を実際の画面も交えて詳しく解説していきます。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

Microsoft Edgeを開き、画面右上にある[・・・]をクリックしてください。

[・・・]をクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。
その中にある[設定]をクリックしてください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[設定]をクリックすると、「設定」と書かれた画面に移動します。

その中にある[パスワード]をクリックしてください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[パスワード]をクリックすると、「プロファイル / パスワード」と書かれた画面に移動します。

Microsoft Edgeのアドレスバーに edge://settings/passwords を入力してエンターキーを押すことでこの画面にすぐに移動できます。

その画面の中段に「2 保存されたパスワード」と書かれた枠があるので、その右側にある[・・・]をクリックしてください。

次に、[パスワードをエクスポート]をクリックしてください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[パスワードをエクスポート]をクリックすると、「パスワードをエクスポート」と書かれたウィンドウがポップアップします。

再度[パスワードをエクスポート]をクリックしてください。

エクスポートしたファイルはCSV形式です。ファイルを開くと誰でも内容を見ることができるので注意してください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[パスワードをエクスポート]をクリックすると、「Windowsセキュリティ」がポップアップします。

この画面にはパソコンにログインするためのパスワードを入力し、[OK]をクリックしてください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[OK]をクリックすると、保存先を選択するウィンドウが開きます。
保存先を選択して、右下にある[保存]をクリックしてください。

Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法
Microsoft Edgeに保存されているログイン情報をCSVでエクスポートする方法

[保存]をクリックすると、「Microsoft Edgeのパスワード.csv」が保存されます。

拡張子が表示されていない場合は、こちらで解説しているファイルの拡張子と隠しファイルの表示方法を参考にファイルの拡張子を表示させることができます。

出力されたCSVファイルの中にMicrosoft Edgeで保存したIDやパスワードといったログイン情報が保存されています。

その他Microsoft Edgeに関する記事

その他Microsoft Edgeに関する記事はこちです。ぜひご覧ください。

Windows11でIEモードを使う方法 Microsoft Edge
Microsoft Edgeのお気に入りをGoogle Chromeにインポートする方法
Microsoft Edgeのキーボードショートカットまとめ
マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法
Microsoft Edgeのアドレスバーを非表示にする方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11, アプリケーション
-, ,