シークレットモードで拡張機能を使う方法

アプリケーション

Google Chromeのシークレットモード中に拡張機能を使う方法

2022年2月19日

Google Chrome(グーグルクローム)の初期設定では、拡張機能を「シークレットモードのときには実行を許可しない」となっています。

この設定を変更することで、Chromeがシークレットモードになっていても拡張機能を使うことが可能になります。

ここではGoogle Chromeのシークレットモード中に拡張機能を使う方法を詳しく解説していきます。

Chromeのシークレットモードとは

Google Chrome(グーグルクローム)には閲覧履歴、入力したパスワード、Cookie(クッキー)といった プライベートな情報をほとんど残さないのシークレットモード機能があります。

シークレットモードの画面
シークレットモードの画面

シークレットモードを開くにはGoogle Chrome(グーグルクローム)を開いた状態でキーボードの[Ctrl]+[Shift]+[N]を押すことで開くことができます。

シークレットモードの使い方や詳しい解説はこちらに掲載していますので是非ご覧ください。

Google Chrome(グーグルクローム)をシークレットモードで開く方法

シークレットモード中に拡張機能を使う方法その1 拡張機能のアイコンから設定する

シークレットモード中に拡張機能(アドオン)を使うためには、通常モードのGoogle Chrome(グーグルクローム)から拡張機能の設定を変更する必要があります。

Google Chromeをシークレットモードに切り替えている場合は、通常モードに戻してから設定をしてください。

シークレットモードで拡張機能を使う方法
シークレットモードで拡張機能を使う方法

通常のGoogle Chrome(グーグルクローム)を開き、画面右上に表示されている拡張機能(アドオン)の中から、シークレットモード中に使いたい拡張機能のアイコンを[右クリック]してください。

拡張機能のアイコンは、グーグルクロームの右上に表示されている物と、表示されていない物があります。
シークレットモー中に使いたいアドオンのアイコンが、グーグルクロームの右上に表示されていない場合は、「拡張機能の一覧から設定する方法」を御覧ください。

拡張機能のアイコンを[右クリック]すると、下に向かってメニューが展開されます。

その中にある[拡張機能の管理]をクリックしてください。

シークレットモードで拡張機能を使う方法
シークレットモードで拡張機能を使う方法

[拡張機能の管理]をクリックすると、「拡張機能」と書かれた画面に移動します。

その画面を少し下にスクロールしていくと、「シークレットモードでの実行を許可する」という項目があるのでスイッチをクリックしてON(青色)にしてください。

拡張機能をシークレットモードで使わなくなった場合は、このスイッチをクリックしてオフ(灰色)にしてください。

シークレットモードで拡張機能を使う方法
シークレットモードで拡張機能を使う方法

「シークレットモードでの実行を許可する」のスイッチをクリックしてON(青色)にした後にGoogle Chrome(グーグルクローム)のシークレットモードに切り替えると、許可した拡張機能(アドオン)が使えるようになっていることが確認できます。

シークレットモード中に拡張機能を使う方法その2 拡張機能の一覧から設定する

シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合は、拡張機能の一覧から設定することが可能です。

Google Chromeをシークレットモードに切り替えている場合は、通常モードに戻してから設定をしてください。

シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合
シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合

通常のGoogle Chrome(グーグルクローム)を開き、画面右上に表示されている拡張機能(アドオン)のアイコンをクリックしてください。

拡張機能(アドオン)のアイコンをクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。

その中にある[拡張機能を管理]をクリックしてください。

シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合
シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合

[拡張機能を管理]をクリックすると、「拡張機能」と書かれた拡張機能が一覧になった画面に切り替わります。

一覧の中からシークレットモードで利用したい拡張機能(アドオン)を探し、[詳細]をクリックしてください。

シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合
シークレットモードで使いたい拡張機能(アドオン)のアイコンがない場合

[詳細]をクリックして移動した画面を少し下にスクロールしていくと、「シークレットモードでの実行を許可する」という項目があるのでスイッチをクリックしてオン(青色)にしてください。

拡張機能をシークレットモードで使わなくなった場合は、このスイッチをクリックしてオフ(灰色)にしてください。

シークレットモードで拡張機能を使う方法
シークレットモードで拡張機能を使う方法

「シークレットモードでの実行を許可する」のスイッチをクリックしてON(青色)にした後にGoogle Chrome(グーグルクローム)のシークレットモードを開くと、許可した拡張機能(アドオン)を使うことができます。

Chromeの拡張機能をシークレットモード中に使う場合の注意点

拡張機能(アドオン)等で閲覧履歴等を記録している機能が有効になっている場合は、シークレットモード中でも閲覧履歴が残ります。

拡張機能を有効にする画面にGoogle Chromeから以下の警告が表示されています。

拡張機能による閲覧履歴の記録をGoogle Chromeでは停止することはできません。
シークレットモードの拡張機能を無効にするには、このオプションの選択を解除してください。

Google Chrome

閲覧履歴、入力したパスワード、Cookie(クッキー)といった プライベートな情報をほとんど残さないのシークレットモードですが、拡張機能にそれらを記録する機能がある場合は記録されてしまいます。

面倒だからといって全ての拡張機能をシークレットモードで使える状態にするのではなく、必要最低限な拡張機能だけを有効にしておくことをオススメします。

Google Chromeに関するその他の記事

Google Chromeに関するその他の記事はこちらです。是非ご覧ください。

Microsoft Edgeのお気に入りをGoogle Chromeにインポートする方法
Internet Explorerのお気に入り等の設定をGoogle Chromeにインポートする方法
Google Chromeの閲覧履歴を削除する方法
クロームに保存されたIDやパスワードを変更する方法
クロームで保存したIDやパスワードをバックアップする方法
WebページのQRコードをブラウザーで作成する方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-,