You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controller

アプリケーション

Youtube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controller

2022年3月17日

この記事では、Youtube動画等の再生速度を変更できるGoogle Chromeの拡張機能Video Speed Controllerについて詳しく解説していきます。

Video Speed ControllerはGoogle Chromeの拡張機です。
Google Chrome以外では使えないため、Google Chromeがパソコンにインストールされていない場合は、予めこちらのGoogle Chrome公式サイトよりダウンロードしてインストールしてください。

Video Speed Controllerを使うことで、Youtube動画等の再生速度を、画面に表示されるコントローラーやキーボードショートカットを使って変更することができます。

Video Speed Controllerの概要

Video Speed ControllerはHTML5で作成されたWEBページにある動画や音声の再生速度を上げたり、遅くしたり、進めたり、巻き戻したりできる機能をGoogle Chromeに追加できる拡張機能です。

残念ながら日本語には対応していませんが、非常にシンプルな操作なので英語が苦手でも十分使いこなせると思います。

インストール数は 2,000,000+ 人、最終更新日もこの記事を書いている時は2021年9月29日となっており、インストール数、最終更新日共に抜群の信頼感があります

公開しているのはigrigorikさんで、こちらのサイトでもソース(プログラムの中身)を公開しています。

最終更新日があまりにも過去のソフト等は今後のメンテナンスやアップデートへの対応が怪しいのでオススメしません。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法

Video Speed Controllerはchrome ウェブストアからGoogle Chromeに追加します。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法
You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法

Google Chromeでchrome ウェブストアを開き、右上にある青いボタンの[Chromeに追加]をクリックしてください。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法
You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法

Google Chromeの上部で「Video Speed Controllerを追加しますか?」と問われるので、[拡張機能を追加]をクリックしてください。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerの追加方法

「Video Speed Controller」がChromeに追加されました。と表示されたら右上の✕をクリックしてウィンドウを閉じてください。

※拡張機能を同期したい場合は、一番下にある[同期を有効にする...]をクリックして設定してください。

これでYou tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed ControllerがGoogle Chromeに追加されました。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerを使ってみる

ここからは実際にVideo Speed Controllerを使ってみます。使い方は非常にシンプルで、「動画サイトを開くだけ」です。

ここではYou Tubeの画面を使って解説を進めます。

You tube動画等の再生速度を変更できる拡張機能 Video Speed Controllerを使ってみる

見たい動画を開くと、左上にコントローラーが表示されます。それぞれのボタンの機能は以下のとおりです。

ボタン動作
<<10秒戻す。
再生速度を0.1遅くする。( 再生速度が10%遅くなります)
再生速度を0.1早くする。(再生速度が10%早くなります)
>>10秒進む。
コントローラーを非表示にする。
Video Speed Controllerの主な機能

例えば、ーのボタンを5回クリックすると、動画の再生速度が0.5(50%)遅くなり、通常の半分の速度で再生されます。
反対に+のボタンを5回クリックすると、動画の再生速度が0.5(50%)早くなり、通常の1.5倍の速度で再生されます。

動画の再生速度に応じて音声の速度も変更されるので安心してください。

これらのボタンにはそれぞれキーボードショートカットも割り当てられています。

キーボードショートカット動作
Z10秒戻す。
S再生速度を0.1遅くする。( 再生速度が10%遅くなります)
D再生速度を0.1早くする。(再生速度が10%早くなります)
X10秒進む。
Vコントローラーの表示/非表示を切り替える。
R再生速度を初期設値(100%)に戻す。
G再生速度を0.8早くする。(再生速度が1.8倍になります)
Video Speed Controllerのキーボードショートカット

これもコントローラー同様に連打(押しっぱなしに)することで積み上がっていきます。

Video Speed Controllerが対応している動画サイト

この記事を書いている段階で確かめたのは以下のサイトです。

サイト名画面上のコントローラー対応キーボードショートカット対応
You Tube
ニコニコ動画
FC2動画
Amazonプライム・ビデオ
dTV
Video Speed Controllerが対応している動画サイト

上記に挙げた4サイト全てで対応はしていますが、画面上のコントローラーに対応できたのはYou Tubeだけでした。
スクリーンのサイズによっては画面上のコントローラーが反応する可能性もあります。

ニコニコ動画については、速度を変えても数秒すると元の速度に戻る場合があったため△としました。

Video Speed Controllerの設定

機能がシンプルであるため、基本的に初期設定から変更する必要はありませんが、もっと自分にあった形にカスタマイズしたい人向けに解説していきます。

Video Speed Controllerの設定

Google Chromeの右上にあるVideo Speed Controllerのアイコンをクリックしてください。(赤い早送りボタンです。)

Video Speed Controllerのアイコンをクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。
その中にある[Settings]をクリックしてください。

Video Speed Controllerのアイコンが見当たらない場合は、Google Chromeのアドレスバーに以下の文字を入力してエンターキーを押してください。
chrome-extension://nffaoalbilbmmfgbnbgppjihopabppdk/options.html

Video Speed Controllerの設定

「Video Speed Controller」と書かれた画面に移動します。

Shortcutsと書かれた表では、それぞれの機能に対してどのキーを割り当てるか設定できます。
また、ショートカットキーの右では、それぞれの倍率を変更できます。

Shortcuts機能ショートカットキー倍率
Show/hide controllerコントローラーの表示/非表示V-
Decrease speed再生速度を倍率分遅くする。
( 再生速度が0.1=10%遅くなります)
S0.1
Increase speed再生速度を倍率分早くする。
( 再生速度が0.1=10%早くなります)
D0.1
Rewind倍率で設定した秒戻す。Z10
Advance倍率で設定した秒進む。X10
Reset speed再生速度を初期設値(100%)に戻す。R-
Preferred speed再生速度を倍率で設定した速度にする。
(1.8=1.8倍速になります。)
G1.8
Video Speed Controllerの設定

例えば、30秒進む設定にしたい場合は、Advanceの右に書かれている数字を30に変更してください。

Video Speed Controllerの設定

次に、表の下に書かれている設定について解説していきます。

Hide controller by default初期値ではコントローラーを非表示にする設定
Remember playback speed動画ごとに閲覧速度を記憶する設定
Force last saved speed前回保存した速度のまま再生する設定
Work on audio音声ファイルの時にも適用する
Controller opacityコントローラーの透明度(数字を増やすと不透明に。)
Sites on whish extension is disable右側の枠に書かれたサイトではVideo Speed Controllerを無効にする。
※サイトを追加するには1行に1サイトのドメインを入力してください。
Video Speed Controllerの設定

常に動画を1.5倍速で見たい場合は、Force last saved speedを有効にしておくと便利です。
Twitterの動画も倍速で見たい場合は、Sites on whish extension is disableからtwitter.comを削除してください。

設定が終わったら、左下にある[Save]をクリックしてください。
元に戻したい場合は[Restore Defaults]をクリックしてください。

Video Speed Controllerを使わなくなった場合

とっても便利なVideo Speed Controllerですが、使わなくなったら無効にするか削除するかしましょう。

Google Chromeの拡張機能(アドオン)を削除する方法はこちらで詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Google Chromeの拡張機能(アドオン)を削除する方法

シークレットモードでもVideo Speed Controllerを使いたい場合

動画を主にシークレットモードで見ている場合は、Video Speed Controllerをシークレット中にも使えると便利です。

初期設定の状態では、シークレットモード中にVideo Speed Controllerのような拡張機能(アドオン)は使うことができません。
シークレットモード中でも拡張機能(アドオン)を使用するための設定をシークレットモードで拡張機能を使う方法で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

シークレットモードで拡張機能を使う方法

Google Chromeに関するその他の記事

Google Chromeに関するその他の記事はこちです。ぜひご覧ください。

クロームに保存されたIDやパスワードを変更する方法
Internet Explorerのお気に入り等の設定をGoogle Chromeにインポートする方法
Chromeのダークモードを解除する方法 8選 Windows11
Google Chrome(グーグルクローム)の動きが遅い時の対処法
Google Chromeの英語表記を日本語にする方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-, , ,