Windows11でメモリ診断を実施する方法

Windows11

Windows11でメモリが正常に動作しているか診断する方法

Windows11のメモリ診断は以下の手順で行うことができます。

  • [Windowsボタン]→[すべてのアプリ]をクリック
  • [Windowsツール]→[メモリ診断]をクリック
  • [今すぐ再起動]をクリックし、再起動後にメモリ診断が実行

ここでは、パソコンが不調な時に試してほしい、メモリの診断方法と、診断結果を確認する方法を詳しく解説していきます。

Windows11でメモリ診断を実施する方法

Windows11でメモリ診断を実施する方法
Windows11でメモリ診断を実施する方法

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。

[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの一番右上にある[すべてのアプリ]をクリックしてください。

Windows11でメモリ診断を実施する方法
Windows11でメモリ診断を実施する方法

すべてのアプリの中から[Windowsツール]を探して、クリックしてください。

Windows11でメモリ診断を実施する方法
Windows11でメモリ診断を実施する方法

[Windowsツール]をクリックすると、「コントロール パネル > システムとセキュリティ > Windows ツール」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

その中にある[Windowsメモリ診断]をクリックしてください。

Windows11でメモリ診断を実施する方法
Windows11でメモリ診断を実施する方法

[Windowsメモリ診断]をクリックすると、「Windowsメモリ診断」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

[今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)]をクリックしてください。

今すぐ再起動しては都合が悪い場合は、その下の[次回コンピューター起動時に問題の有無を確認する]をクリックしてください。
次回起動時に自動的にメモリ診断が始まります。

Windows11でメモリ診断を実施する方法
Windows11でメモリ診断を実施する方法

[今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)]をクリックするとメモリ診断が開始されます。

メモリの容量にもよりますが、終わるまで5分程度です。

メモリ診断のオペレーション機能

メモリ診断のオペレーション機能
メモリ診断のオペレーション機能

メモリ診断中にキーボードのF10を押すと、メモリ診断のオプション画面に切り替わります。

ここでは、どのようにメモリ診断を行うかを選択することができます。

項目の移動にはTabキーを使います。
何も変更せずに前の画面に戻るにはESCキーを使います。
変更するにはF10キーを押します。

Basicが最も簡易なメモリ診断で、Extendedは最も精密なメモリ診断です。

  • Basic(最低限)
  • Standard(標準)
  • Extended(拡張)

Basicを選ぶと診断終了までの時間が短くなりますが、診断内容も浅くなるため初期設定のStandard(標準)が良いと思います。

メモリ診断が終わると、通常通りWindowsが起動します。

起動後に画面の右下にメモリの診断結果が表示されます。

メモリ診断の結果を確認する方法

メモリ診断の結果が見当たらない場合や、誤って閉じてしまって見ることが出来なくなった場合は、イベントビューアーから診断結果を見ることができます。

ここからはメモリ診断の結果を確認する方法を詳しく解説していきます。

メモリ診断の結果を確認する方法
メモリ診断の結果を確認する方法

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。

[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの一番右上にある[すべてのアプリ]をクリックしてください。

メモリ診断の結果を確認する方法
メモリ診断の結果を確認する方法

すべてのアプリの中から[Windowsツール]を探して、クリックしてください。

メモリ診断の結果を確認する方法
メモリ診断の結果を確認する方法

[Windowsツール]をクリックすると、「コントロール パネル > システムとセキュリティ > Windows ツール」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

その中にある[イベントビューアー]をクリックしてください。

メモリ診断の結果を確認する方法
メモリ診断の結果を確認する方法

[イベントビューアー]をクリックすると「イベントビューアー」が立ち上がります。

左側のツリーメニューにある[Windowsログ]をクリックしてください。

その後、右の枠に表示される[システム]をクリックしてください。

メモリ診断の結果を確認する方法
メモリ診断の結果を確認する方法

上記画像の緑色の枠をキーボードの矢印を押して下がっていくと、ソース(S)と書かれたぶぶんに「MemoryDiagnostics-Results」と表示されたログがあります。

イベントビューアーには多数のログが記録されているため、少し探すのに苦労するかもしれません。
メモリ診断が終わって再起動した時の時間を中心にログを確認してみてください。

そのログの中にメモリ診断の結果が表示されます。

※ここでは「Windowsメモリ診断によりコンピューターのメモリがテストされましたが、エラーは検出されませんでした」と表示されています。

メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法

ここでは、Windowsのメモリ診断をコマンドプロンプトから実行する方法を紹介します。

実行するパソコンの台数が多い場合や、パソコンの動作が重くて画面にたどり着けない場合はこちらを試してみてください。

メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法
メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法

まずはコマンドプロンプトを立ち上げます。

管理者権限である必要はありません。

キーボードの[Windows]キーと[R]キーを押してください。

[Windows]キーと[R]キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」と書かれた小さいウィンドウが立ち上がります。

メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法
メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法

「ファイル名を指定して実行」ウィンドウの中に[cmd]と入力して、[OK]をクリックしてください。

メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法
メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法

[OK]をクリックするとコマンドプロンプトが立ち上がります。

そこに[mdsched]と入力してキーボードのエンターキーを押してください。

メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法
メモリ診断をコマンドプロンプトから実施する方法

キーボードのエンターキーを押すと、

[Windowsメモリ診断]をクリックすると、「Windowsメモリ診断」と書かれたウィンドウが立ち上がります。

[今すぐ再起動して問題の有無を確認する(推奨)]をクリックすることでパソコンが再起動し、起動時にメモリ診断が実行されます。

今すぐ再起動しては都合が悪い場合は、その下の[次回コンピューター起動時に問題の有無を確認する]をクリックしてください。
次回起動時に自動的にメモリ診断が始まります。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

Windows11が遅いと感じたときの対処法
Windows11でショートカットやフォルダーのアイコン画像を変更する方法
右クリックと左クリックを入れ替える方法-Windows11
パソコンにグラフィックボードが搭載されているか確認する方法
Windows11でIEを起動する方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-Windows11
-