Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法

こんな人にオススメの記事です

  • Windows11でタスクバーが結合されて困っている人
  • Windows11のタスクバーの結合を解除したい人
  • Windows11のタスクバーをWindows10と同じようにしたい人
  • レジストリを変更せずにWindows11のタスクバーボタンの結合を解除したい人

Windows11ではタスクバーの結合(同じアプリを重ねる)がデフォルトの設定になっており、エクセルなど複数のファイルを開いている場合はラベルも表示されないため探すのが非常に大変でした。

しかし、2023年9月26日から配信されたWindows更新プログラムKB5030310で、タスクバーの結合を解除する機能がWindows11に追加されました。

Windows更新プログラムKB5030310はWindowsアップデートで自動的に配信されているため、予めWindowsアップデートを手動で実行し、Windows11を最新の状態にしておいてください。
何かしらの事情でWindowsアップデートが実施できない場合は、Microsoft®UpdateカタログからKB5030310をダウンロードしてインストールしてください。

この記事では、Windows11の新機能を使ってタスクバーボタンの結合を解除する方法を詳しく解説していきます。

目次

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除するには以下の手順で行います。

  1. Windowsのホーム画面を開く
  2. Windowsのホーム画面で[個人用設定]をクリック
  3. [タスクバー]をクリック
  4. [タスクバーの動作]をクリック
  5. 「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択する
  6. タスクバーボタンの結合が解除されていることを確認する

ここからは、実際の画面も用いながらWindows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法を詳しく解説していきます。

STEP
Windowsのホーム画面を開く

キーボードのWindowsを押して(タスクバーにあるWindowsロゴをクリックして)ください。

キーボードのWindowsを押す(タスクバーにあるWindowsロゴをクリックする)と上に向かってメニューが展開されます。

展開されたメニューの右上にある[設定]をクリックしてください。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step1 Windowsのホーム画面を開く
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step1 Windowsのホーム画面を開く
STEP
Windowsのホーム画面で[個人用設定]をクリック

[設定]をクリックすると「ホーム」と大きく書かれたWindowsのホーム画面が表示されます。

ホーム画面の左側にある[個人用設定]をクリックしてください。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step2 Windowsのホーム画面で[個人用設定]をクリック
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step2 Windowsのホーム画面で[個人用設定]をクリック
STEP
[タスクバー]をクリック

[個人用設定]をクリックすると「個人用設定」と書かれた画面に移動します。

その中にある[タスクバー]をクリックしてください。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step3 [タスクバー]をクリック
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step3 [タスクバー]をクリック
STEP
[タスクバーの動作]をクリック

[タスクバー]をクリックすると「個人用設定 > タスクバー」と大きく書かれた画面に移動します。

キーボードのWindowsRを押し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを立ち上げ、その中にms-settings:taskbarと入力してEnterを押すことでも「個人用設定 > タスクバー」と書かれた画面に直接移動することができます。
「ファイル名を指定して実行」で使えるその他のコマンドはこちらの「ファイル名を指定して実行で使えるコマンド一覧 - Windows11」で詳しく解説しているので、興味がある人は是非ご覧ください。

その中にある[タスクバーの動作]をクリックしてください。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step4 [タスクバーの動作]をクリック
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step4 [タスクバーの動作]をクリック
STEP
「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択する

[タスクバーの動作]をクリックすると下に向かってメニューが展開されます。

その中にある「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択してください。

その下にある「タスクバーのボタンをまとめ他のタスクバーでラベルを非表示にする」は複数のモニターを使用している場合に使う項目です。

「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で表示される項目の意味
常時

同じアプリを常に1つのタスクボタンへ結合し、ラベルは表示されません。(Windows11の標準設定)

タスクバーに入りきらない場合

アプリを結合せずにラベル付きでタスクバーに表示しますが、開いている数が多く、タスクボタンがバーからあふれるときは同じアプリのタスクバーボタンを結合します。

なし

アプリのタスクバーボタンを一切結合しません。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step5 「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択する
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step5 「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択する
STEP
タスクバーボタンの結合が解除されていることを確認する

「タスクバーのボタンをまとめラベルを非表示にする」で[なし]を選択すると、その直後にタスクバーの表示が切り替わります。

タスクバーボタンの結合が解除されていることを確認してください。

Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step6 タスクバーボタンの結合が解除されていることを確認する
Windows11でタスクバーボタンの結合を解除する方法 Step6 タスクバーボタンの結合が解除されていることを確認する

タスクバーを左揃えにしてWindows10のようなタスクバーに変化させる

タスクバーボタンの結合を解除し、タスクバーの表示を「左揃え」にするとWindows10のときのようなタスクバー表示に戻ります。

タスクバーを左揃えにしてWindows10のようなタスクバーに変化させる
タスクバーを左揃えにしてWindows10のようなタスクバーに変化させる

その他タスクバーに関する記事

その他タスクバーに関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトは情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

解説している内容に誤りがあった場合や、補足が必要な場合、もっと知りたい場合はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
個人の方を限定にサポートさせていただきます。

実行環境
Windows11 Home 22H2
64 ビット オペレーティング システム
Microsoft 365

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次