Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

Windows11でタッチパッドを無効・有効にする方法

こんな人にオススメの記事です

  • タッチパッドを無効にしたい人
  • タッチパッドとマウスを切り替えて使いたい人
  • タッチパッドを有効にしたい人

タッチパッドを無効/有効にするには以下の手順で行います。

  1. Windowsボタンから[設定]をクリック
  2. [Bluetoothとデバイス]→[タッチパッド]へ移動
  3. タッチパットを無効/有効にする

ノートパソコンを使っていると、タッチパッドに手が当たってしまって予期せぬ動きをすることがあります。
文章を打っている最中にカーソルが動くと非常に面倒です。
そういったことが起きないようにするために、使っていない場合はタッチパッドを無効にしましょう。

この記事では、ノートパソコンのタッチパッドを無効/有効にする方法と、マウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする方法を詳しく解説していきます。

ファンクションキーでも切り替えが可能ですが、パソコンのメーカーや機種によって使用するキーが異なるため、ここではファンクションキーを使わずにウィンドウズの設定から変更する方法を解説しています。

目次

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

タスクバーにある[Windowsボタン]をクリックして(キーボードのWindowsキーを押して)ください。

[Windowsボタン]をクリックすると上に向かってメニューが表示されます。

展開されたメニューの右上にある歯車アイコンの[設定]をクリックしてください。

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

[設定]をクリックすると、「システム」と書かれた画面が表示されます。

左側のメニューから[Bluetoothとデバイス]をクリックしてください。

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

「Bluetoothとデバイス」と書かれた画面の中を少し下にスクロールし、[タッチパッド]をクリックしてください。

Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法
Windows11でタッチパッドを無効/有効にする方法

「Bluetoothとデバイス > タッチパッド」と書かれた画面の中に[タッチパッド]という項目があります。

そこのスイッチを切り替えることで無効/有効を切り替えることができます。

マウスがない状態でタッチパッドを無効にしてしまうと、操作ができなくなってしまう可能性があるので注意してください。

マウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする方法

一番オススメな設定が「マウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする」です。

ここからはマウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする設定方法を解説していきます。

マウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする方法
マウスがつながっている時だけタッチパッドを無効にする方法

「Bluetoothとデバイス > タッチパッド」と書かれた画面に移動してください。

タッチパッドの欄内のスイッチ以外の部分をクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。

この中に[マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない]と書かれた設定項目があります。

少しわかりづらい表現ですが、ここのチェックを外すことで「マウスが接続されている時はタッチパッドをオフにする」ことができます。

タッチパッドをオンにして、[マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない]のチェックを外すことで、「マウスが接続されている時はタッチパッドはオフ、マウスが接続されていないときはタッチパッドをオン」にすることができます。

マウスが接続されている時はタッチパッドはオフ、マウスが接続されていないときはタッチパッドをオン
マウスが接続されている時はタッチパッドはオフ、マウスが接続されていないときはタッチパッドをオン

私はBlutoothのマウスを使っていますが、Blutoothのマウスでもこの設定にしておけば「マウスが接続されている時はタッチパッドは無効、マウスが接続されていないときはタッチパッドが有効」になります。

これはWindowsがマウスの有無を検知して自動的に切り替えてくれる優れた機能です。

よくある質問

マウスが手元に無いのにタッチパッドを無効にしてしまいました。

マウスも使えない、タッチパッドも使えない場合はキーボード操作でタッチパッドを復活させる必要があります。
キーボード操作でタッチパッドを有効(オン)にする方法はパソコンのメーカーによって異なります。
以下のキーボード操作を試してみてください。

  1. FN + F4
  2. FN + F8
  3. FN + F2

上記でダメな場合は、FN(ファンクションキー)を押しながら、F1から順番にあたっていけばどこかで切り替わると思います。

その他Windows11に関する記事

その他Windows11に関する記事はこちらです。ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
このサイトは情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。
Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。

解説している内容に誤りがあった場合や、補足が必要な場合、もっと知りたい場合はこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください。
個人の方を限定にサポートさせていただきます。

実行環境
Windows11 Home 22H2
64 ビット オペレーティング システム
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次