Microsoft Edgeのキーボードショートカットまとめ

Microsoft Edgeのキーボードショートカットまとめ

覚えておくと便利なMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)のキーボードショートカットをまとめました。
実際の使用例や頻度等も交えながらご紹介します。

目次

Ctrl + Shift + 何か

  1. Ctrl + Shift + B
    お気に入りバーの表示/非表示を切り替える。
    Ctrl + Shift + Bを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)のURLが書かれた欄の下にお気入りバーを表示することができます。もう一度押すと非表示に切り替わります。
  2. Ctrl + Shift + D
    開いているすべてのタブをお気に入りとして新しいフォルダーに保存する。
    Ctrl + Shift + Dを押すことで、押した時点でMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているページ全てを一つのお気に入りフォルダに追加することが可能な画面[すべてのタブをお気に入りに追加]が表示されます。
    押してすぐに追加されるわけではないので注意してください。
  3. Ctrl + Shift + G
    バーの検索の前の一致項目に移動する。
    Ctrl + F の検索結果でEnterキーを押すと下にどんどん検索が進みますが、Ctrl + Shift + Gを押すことで上に上に検索結果を探してくれます。
    実際使う場合ば、Ctrl + Shift + G [Ctrl + Shift]を押しながらG [Ctrl + Shift]を押しながらG [Ctrl + Shift]を押しながらG [Ctrl + Shift]を押しながらG が便利です。
    検索結果を行き過ぎた場合に便利なショートカットです。
  4. Ctrl + Shift + I
    開発者ツールを開く。
    Ctrl + Shift + IはWEBページ開発者向けのツールとなっており、押すと[Microsoft Edge DevToolへようこそ]と書かれた画面が表示されます。
    誤って押すと驚いてしまうかもしれませんが、画面右上の☓ボタン(歯車の横あたり)か、もう一度Ctrl + Shift + Iを押すことで元の画面に戻ることができます。
  5. Ctrl + Shift + K
    現在のタブを複製する。
    Ctrl + Shift + Kを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているページと同じページを異なるタブで複製してくれます。
    Ctrl + Nとは違ってタブで複製されます。
  6. Ctrl + Shift + L
    貼り付けて検索または貼り付けて移動 (URL の場合)。
    Ctrl + Shift + Lを押すことで、その時点でコピーしている文字列をbing.comで検索して、結果を表示してくれます。
    コピーしている文字列がURLの場合はそのページを開いてくれます。
    例えば、https://jo-sys.net/ をコピーしてCtrl + Shift + Lを押すと、すぐに情シスの自由帳をご覧いただくことができます。
  7. Ctrl + Shift + M
    別のユーザーとしてサインインするか、ゲストとして閲覧する。
    Ctrl + Shift + Mを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)でログインしているマイクロアカウントを切り替えることができます。また、ログインせずにゲストとしてMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)を使うこともできます。
  8. Ctrl + Shift + N
    新しい InPrivate ウィンドウを表示する。
    Ctrl + Shift + Nを押すことで、閲覧履歴等が残らないInPrivate ウィンドウを使うことが可能です。
    GoogleChromeではシークレットモードと呼ばれているもので、共有パソコンなどを使って閲覧履歴を残したくない場合に有効です。
    InPrivate ウィンドウについてはこちらで詳しく解説しています。
  9. Ctrl + Shift + O
    お気に入りの管理を開く。
    Ctrl + Shift + Oを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)のお気に入りを管理するための画面が開かれます。
    この画面ではお気に入りバーも含めてお気に入りへの追加・削除を行うことが出来ます。
  10. Ctrl + Shift + P
    システム ダイアログを使用して印刷する。
    印刷するためのショートカットです。
    Ctrl + Pと混同するかもしれませんが、Ctrl + Shift + Pはシステムダイアログを使って表示するため、印刷プレビュー等は表示されません。
  11. Ctrl + Shift + R
    現在のページを再読み込みしてキャッシュされたコンテンツを無視する。
    Ctrl + Shift + Rを押すことで、開いているページをキャッシュを使わずに再読み込みすることができます。
    キャッシュされたコンテンツを無視することで最新状態のWEBページを閲覧することができます。
  12. Ctrl + Shift + T
    最後に閉じたタブをもう一度開いて、そのタブに切り替える。
    Ctrl + Shift + Tを押すことで、最後に閉じたタブを開き直すことができます。
    誤って重要なページのタブを閉じてしまった時はCtrl + Shift + Tを押して瞬時に復活させることができます。
    ただし、「最後に閉じたタブ」限定なのでご注意ください。
    同時に複数のタブを閉じた場合はCtrl + Shift + Tを押すことでまとめて復活させることができます。
  13. Ctrl + Shift + U
    音声での読み上げを開始または停止する。
    Ctrl + Shift + Uを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)に表示されいる文字を読み上げてくれます。
    読み上げている最中に再度Ctrl + Shift + Uを押すことで読み上げが停止されます。
  14. Ctrl + Shift + V
    書式設定なしで貼り付ける。
    これは通常WEBブラウザーとしてMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)を使っている場合はあまり気にしなくても良い機能です。
    ワードプレス等で編集が絡む作業を行う場合においては、「右クリック→プレーンテキストとして貼り付ける」という動作を省略できるショートカットです。
  15. Ctrl + Shift + W
    現在のウィンドウを閉じる。
    これを押ししまうと開いているMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)のウィンドウが閉じられます。
    全てのタブが一気に閉じられてしまうので気をつけてください。
  16. Ctrl + Shift + Y
    コレクションを開く。
    IE時代から使っている人の多くは[コレクション]が何かわからないと思います。
    [コレクション]は[お気に入り]と似ていますが、WebページのURLや名前だけでなく、文章や画像を並べておける点が異なります。Pinterestのような機能です。
  17. Ctrl + Shift + Tab
    前のタブに切り替える
    Ctrl + Shift + Tabを押すことで、開いているタブの前(左)のタブに移動することができます。
  18. Ctrl + Shift + Del
    閲覧データを消去するオプションを開く。
    Microsoft Edgeの閲覧履歴を簡単に削除する方法でも解説しているとおり、Ctrl + Shift + Delを押すことで閲覧履歴を削除するための画面を瞬時に開くことができます。

Ctrl + 何か

  1. Ctrl + D
    お気に入りとして現在のタブを保存する。
    開いているすべてのタブをお気に入りとして新しいフォルダーに保存する。Ctrl + Dを押すことで、押した時点でMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているページがお気に入りに追加されます。
    Ctrl + Shift + D(開いているすべてのタブをお気に入りとして新しいフォルダーに保存する。)と違って、押してすぐに追加されるので注意してください。
  2. Ctrl + E
    アドレス バーで検索クエリを開く。
    Ctrl + Eを押すと、アドレスバーにカーソルが移り、すぐにBingで検索出来る状態になります。
  3. Ctrl + F
    ページを検索する。
    Ctrl + Fを押すと、検索ウィンドウが表示され、文字を入力することで開いているページ内を検索することができます。
  4. Ctrl + G
    バーの検索の次の一致項目に移動する。
    Ctrl + Fで検索した時に複数の一致項目があった場合、Ctrl + Gを押すことで次の一致項目に移動することができます。
    実際はEnterを押すことで次の一致項目に移動できるため、使用頻度は低いと思います。
  5. Ctrl + H
    新しいタブで履歴を開く (Web UI)。
    Ctrl + Hを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)の閲覧履歴を開くことができるキーボードショートカットです。
  6. Ctrl + J
    新しいタブでダウンロードを開く (Web UI)。
    Ctrl + Hを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)でのダウンロード履歴を見ることができます。
    ダウンロードしたファイルをどこに保存したか忘れてしまった場合に見返せる便利なキーボードショートカットです。
  7. Ctrl + K
    アドレス バーで検索クエリを開く
    Ctrl + Kを押すことで、Bingで素早くインターネットから検索することができます。今は検索バーからいきなり検索できることが主流になっているので使用頻度は低いキーボードショートカットかもしれません。
  8. Ctrl + L
    アドレス バーの URL を選択して編集する。
    Ctrl + Lを押すことで、カーソルが一気にURL欄にジャンプします。Ctrl + Kとは違ってURLが選択された状態になるので、Ctrl + LからのCtrl + C(コピー)でURLを素早くコピーすることができます。
    また、既に他のURLをコピーしている場合は、Ctrl + LからのCtrl + V(貼付け)からのEnterで素早くホームページを移動することができます。
    重要度は低いキーボードショートカットですが、作業の高速化は見込めます。
  9. Ctrl + M
    現在のタブをミュートする (切り替え)。
    Ctrl + Mを押すことで、開いているMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)で再生中の動画や音声を「ミュート(消音)」にすることができます。
    パソコンの音量調整を調整することなく、開いているタブだけをミュート(消音)にすることができる便利なキーボードショートカットです。
  10. Ctrl + N
    新しいウィンドウを開く。
    Ctrl + Nを押すことで、新しいMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)を起動することができます。
    開いているタブ等がコピーされるわけでもなく、全く別のブラウザーが立ち上がるイメージです。
  11. Ctrl + O
    コンピューターのファイルを Microsoft Edge で開く。
    Ctrl + Oを押すことで、参照ウィンドウが立ち上がり、PDF等のファイルをMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開くことができます。
    使用頻度が多いファイルは既定のプログラムをMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)に変更する等の対策をおすすめしたいので、あまり出番がないキーボードショートカットだと思っています。
  12. Ctrl + P
    現在のページを印刷する
    言わずとも知れた印刷ショートカットCtrl + Pです。
    Ctrl + Shift + Pとは別で、印刷プレビューも見れる便利なキーボードショートカットです。
  13. Ctrl + R
    現在のページを再読み込みする
    Ctrl + RはF5と同じ機能です。
    FnLockが使えない環境ではF5での更新ができないので、Ctrl + Rも覚えておくと便利です。
  14. Ctrl + S
    現在のページを保存する。
    Ctrl + Sを押すことで、開いているページをHTML形式で保存することができます。
    ページを保存するにはPDFで保存するほうが見返す時も便利なことから、実際は使用頻度は低いキーボードショートカットです。
  15. Ctrl + T
    新しいタブを開き、そのタブに切り替える。
    Ctrl + Tを押すと、新規のタブを作成し、そのタブに切り替わります。
    Ctrl + Nは新しいブラウザーを起動するのに対し、T(タブのT)は新しいタブを開きます。
  16. Ctrl + U
    ソースを表示する
    Ctrl + Uを押すと、その時点で開いているページのソースを表示します。
    あまり使用頻度は高くないキーボードショートカットですが、誤って押してしまった場合は焦らずにタブの中にある☓ボタンで閉じてしまってください。
  17. Ctrl + W
    現在のタブを閉じる
    Ctrl + Wを押すことで、その時点で開いているタブを閉じることができます。特に警告無く閉じられてしまうので、誤って押してしまった場合は諦めずにCtrl + Shift + T(最後に閉じたタブをもう一度開いて、そのタブに切り替える)を押して復活させてください。
  18. Ctrl + 0 (ゼロ)
    拡大レベルをリセットする
    Ctrl + 0 (ゼロ)を押すことで、拡大/縮小して表示されているのを100%にリセットすることができます。
    たまに何%で閲覧しているかわからなくなるので、覚えていれば便利なキーボードショートカットかもしれません。
  19. Ctrl + 1、2、…8
    特定のタブに切り替える
    Ctrl + 1、2、…8を押すことでMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているタブの表示を切り替えることができます。
    1というのが一番左のタブになり、2,3,4と数字が増えるにつれて右に移っていくという仕組みです。
    マウスで切り替えるよりも早く動けるため、使用頻度は比較的高いキーボードショートカットになります。
  20. Ctrl + 9
    最後のタブに切り替える
    Ctrl + 9を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いている最後のタブに移動することができます。
    Ctrl + 1、2、…8と同じような機能ですが、番号を選ぶこと無く最後のタブに移れるキーボードショートカットです。
  21. Ctrl + Enter
    www. を追加する アドレス バーに入力したテキストの前後に www. と .com を追加する
    Ctrl + Enterを押すことで、アドレスバーに入力したURLの前後に www. と .com を追加することができます。
    あまりURLを直打ちすることは無いと思うので、使用頻度は低いキーボードショートカットかと思われます。
  22. Ctrl + 正符号 (+)
    拡大
    Ctrl + 正符号 (+)を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いている画面を拡大することができます。
    マウスホイールでも拡大することができるので、マウスを使っている人は使用頻度が低いかもしれませんが、マウスを使っていない人には便利なキーボードショートカットなので是非覚えておきたいところです。
  23. Ctrl + 負符号 (-)
    縮小
    Ctrl + 負符号 (-)を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いている画面を縮小することができます。
    マウスホイールでも縮小することができるので、マウスを使っている人は使用頻度が低いかもしれませんが、マウスを使っていない人には便利なキーボードショートカットなので是非覚えておきたいところです。
  24. Ctrl + \ (PDF で)
    PDF を [ページに合わせる] か[幅に合わせる] かを切り替える
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)でPDFを開いている場合に使えるキーボードショートカットです。
    Ctrl + \を押すことで、設定されているページ幅に合わせるか、画面幅に合わせるかの切り替えをすることができます。
  25. Ctrl + [ (PDF で)
    PDF を反時計回りに 90 度回転する
    Ctrl + [を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているPDFを反時計回りに 90 度回転することができます。
    スキャン等をすると向きが違っている場合もあると思うので、覚えていると便利なキーボードショートカットです。
  26. Ctrl + ](PDF で)
    PDF を時計回りに 90 度回転する
    Ctrl + ]を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているPDFを時計回りに 90 度回転することができます。
    スキャン等をすると向きが違っている場合もあると思うので、覚えていると便利なキーボードショートカットです。
  27. Ctrl + F4
    現在のタブで現在のページを閉じる
    Ctrl + F4を押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で開いているページ(タブ)を閉じることができます。
    非常に便利なキーボードショートカットではありますが、キーの配置的に少し押しにくいので多用する人は少ないかもしれません。
  28. Ctrl + PageDown
    次のタブに切り替える
    Ctrl + PageDownを押すことで、表示を次のタブに切り替えることができます。Ctrl + 1、2、…8と近いキーボードショートカットではありますが、1個タブを切り替えることができる便利なショートカットです。
    Ctrl を押しながら PageDown を連打すると次々に切り替えることできます。
    最後まで移動すると最初のタブに戻ります。
  29. Ctrl + PgUp
    前のタブに切り替える
    Ctrl + PgUpを押すことで、表示を次のタブに切り替えることができます。Ctrl + 1、2、…8と近いキーボードショートカットではありますが、1個タブを切り替えることができる便利なショートカットです。
    Ctrl を押しながら PgUP を連打すると次々に切り替えることできます。
    最後まで移動すると最初のタブに戻ります。

Alt + 何か

  1. Alt + D
    アドレス バーの URL を選択して編集する。
    これはCtrl + Lと全く同じ機能のキーボードショートカットで、Alt + Dを押すことで、カーソルが一気にURL欄にジャンプして編集可能な状態になります。
    重要度は低いキーボードショートカットですが、作業の高速化は見込めます。
  2. Alt + E
    設定など メニューを開く
    Alt + Eを押すことでMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)の設定メニューが開かれます。
    マウスではMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)の右上にある[・・・]をクリックすることで開けます。
  3. Alt + F
    設定など メニューを開く
    Alt + Eと同じで、Alt + Fを押すことでMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)の設定メニューが開かれます。マウスではMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)の右上にある[・・・]をクリックすることで開けます。
    Alt + EとAlt + Fは同じキーボードショートカットなので、どちらかを覚えて入れれば問題ないと思います。
  4. Alt + Shift + I
    [フィードバックの送信] ダイアログを開く
    Alt + Shift + Iを押すことで、[フィードバックの送信]画面を開くことができます。
    意識的にフィードバックの送信を行うことはないと思うので、優先度は低いキーボードショートカットだと思います。
  5. Alt + Shift + T
    ツール バーの最初の項目にフォーカスを設定する
    Alt + Shift + Tを押すことで、ツール バーの最初の項目(デフォルトでは戻るボタン)にカーソルを合わせてくれます。
    Enterキーと合わせてAlt + Shift + T + Enter でページを戻ることができます。
  6. Alt + ←
    戻る
    Alt + ←を押すことでページを戻ることができます。
    非常に使用頻度も高いキーボードショートカットなので是非覚えておきましょう。
    Alt を押しっぱなしにした状態で ← を連打するといくつも戻ることができます。
  7. Alt + →
    次に進む
    Alt + →を押すことでページを次に進むことができます。
    非常に使用頻度も高いキーボードショートカットなので是非覚えておきましょう。
    Alt を押しっぱなしにした状態で → を連打するといくつも進むことができます。
  8. Alt + Home
    現在のタブにホーム ページを開く
    Alt + Homeを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)に設定されているホームページを開くことができます。
    一部のパソコンではHOMEボタンがファンクション扱いになっていて押しにくいケースもあります。
  9. Alt + F4
    現在のウィンドウを閉じる
    Ctrl + Shift + Wと同じく、これを押ししまうと開いているMicrosoft Edge(マイクロソフト エッジ)のウィンドウが閉じられます。
    全てのタブが一気に閉じられてしまうので気をつけてください。

その他

  1. Space キー
    Web ページを一度に 1 画面ずつ下へスクロールする
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページを1 画面ずつ下へスクロールすることができます。
    きびきびスクロールすることができるので非常に重宝するキーボードショートカットです。
  2. Shift + Space キー
    Web ページを一度に 1 画面ずつ上へスクロールする
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページを1 画面ずつ上へスクロールすることができます。
    きびきびスクロールすることができるので非常に重宝するキーボードショートカットです。
  3. PgDn
    Web ページを一度に 1 画面ずつ下へスクロールする
    Space キー同様のキーボードショートカットになります。
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページを1 画面ずつ下へスクロールすることができます。
    きびきびスクロールすることができるので非常に重宝するキーボードショートカットです。
  4. PgUp
    Web ページを一度に 1 画面ずつ上へスクロールする
    Shift + Space キー同様のキーボードショートカットになります。
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページを1 画面ずつ上へスクロールすることができます。
    きびきびスクロールすることができるので非常に重宝するキーボードショートカットです。
  5. ホーム
    ページの上部に移動して、ウィンドウ内の最初の項目にキーボード フォーカスを移動する
    ホームを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページの一番上にジャンプすることができます。
    一気に一番上に戻りたい時に重宝するキーボードショートカットです。
  6. End
    ページの下部に移動して、ウィンドウ内の最後の項目にキーボード フォーカスを移動する
    Endを押すことで、Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページの一番下にジャンプすることができます。
    一気に一番下に行きたい時に重宝するキーボードショートカットです。
  7. Tab
    次のタブ位置に移動する
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページ内の次の選択できる次の項目にジャンプします。
    フォームに入力する時等に次に進むことができるので覚えておくと重宝するキーボードショートカットです。
  8. Shift + Tab
    前のタブ位置に移動する
    Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)で見ているページ内の次の選択できる前の項目にジャンプします。
    Tabで進みすぎた時に戻ることのできるキーボードショートカットです。

その他マイクロソフトエッジに関する記事

その他マイクロソフトエッジに関する記事はこちらです。是非ご覧ください。

あわせて読みたい
Microsoft EdgeでIEモードを使う方法-Windows11 こんな人にオススメの記事です Microsoft EdgeでIEモードを使いたい人IEでしか表示できないページを使っている人IEモードの使い方がわからない人 Microsoft EdgeをIEモ...
Windows11でIEモードを使う方法 Microsoft Edge
あわせて読みたい
Microsoft Edgeの起動時に開くページを追加、変更する方法 Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)の起動時に開くページ(ホーム画面)を追加、変更するには以下の手順で行います。 1.Microsoft Edgeを起動して右上にある[・...
Microsoft Edgeの起動時に開くページを追加、変更する方法
あわせて読みたい
Microsoft Edgeの閲覧履歴を簡単に削除する方法 Microsoft Edge(マイクロソフト エッジ)の閲覧履歴を削除するには、キーボードショートカットが非常に便利です。Microsoft Edgeを開いている状態でキーボードの[Ctrl...
Microsoft Edgeの閲覧履歴を簡単に削除する方法
あわせて読みたい
Microsoft Edgeでシークレットモード(InPrivate ブラウズ)を使う方法 学校や図書館、職場などでパソコンの閲覧履歴を残したくない場合は[InPrivate ブラウズ]機能を使ってみましょう。 Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)で[InPrivate...
Microsoft Edgeでシークレットモード(InPrivate ブラウズ)を使う方法
あわせて読みたい
マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法 12選 こんな人にオススメの記事です IEのサポート終了に伴ってMicrosoft Edgeを使い始めた人 Microsoft Edgeの動きが遅くて困っている人 Microsoft Edgeをもっと高速化したい...
マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法
あわせて読みたい
WebページのQRコードをブラウザーで作成する方法 QRコードを作成するためのWEBサイトは多種多様にありますが、実はパソコンに入っているウェブブラウザーを使うことでもっと簡単に作成することができます。 QRコードに...
WebページのQRコードをブラウザーで作成する方法

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次