Google Chrome(グーグルクローム)の動きが遅い時の対処法

アプリケーション

Google Chrome(グーグルクローム)の動きが遅い時の対処法11選

2022年2月18日

日々グーグルクローム(Google Chrome)を使っていると動作が鈍くなったと感じたり、フリーズの頻度が増えたりすることがあります。

ここでは、Google Chrome(グーグルクローム)の起動や動きが遅い時の対処法を詳しく解説していきます。

Google Chrome(グーグルクローム)の動きが遅くなったなと感じたら、上から順番に試してみてください。

閲覧履歴、キャッシュ等の削除

日々グーグルクローム(Google Chrome)を使っていると、閲覧履歴やキャッシュ等のデータが蓄積されていきます。
これらをクリアすることで動作の改善が見込めるので、是非試してみてください。

私は3ヶ月で500Mくらいキャッシュデータが溜まってしまいます。

グーグルクローム(Google Chrome)の閲覧履歴やキャッシュの削除方法については以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。

Google Chromeの閲覧履歴を削除する方法

グーグルクローム(Google Chrome)を最新バージョンにする

Google Chromeは起動時にアップデートなど新しいバージョンがあるか無いか確認し、新しいバージョンがある場合は自動的に更新される仕組みになっています。

しかし、Google Chromeを長期間開いたままにしていると、自動更新がかからずに古いバージョンのままになっている可能性があります。

Google公式のアップデートにはセキュリティアップデートの他に機能の更新、改善等も含まれているため、動作が遅くなったと感じた場合はアップデートを試してみてください。

この動作はGoogle Chromeの再起動が求められます。業務などが中断してしまわないように注意してください。
特にGoogle Chromeをシークレットモードで起動している場合はタブが全て消えてしまうので注意してください。

グーグルクローム(Google Chrome)を最新バージョンにする
グーグルクローム(Google Chrome)を最新バージョンにする

グーグルクローム(Google Chrome)を最新バージョンにアップデートするには、Google Chromeを起動した後にアドレスバーに chrome://settings/help と入力してエンターキーを押してください。

次に、[Google Chrome を更新] をクリックします。(もしくは自動的にアップデートが開始されます。)

アップデートが終了したら以下のメッセージが表示されます。

アップデートが適用されました。更新を完了するには Chrome を再起動してください。再起動後、シークレット ウィンドウは自動的に開きません。

https://support.google.com/chrome/answer/95414?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

このメッセージが表示されたら[再起動]をクリックしてください。

ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする

グーグルクローム(Google Chrome)のハードウェアアクセラレーションとは、本来パソコンのCPUで行っている処理をGPU(グラフィックボード・ビデオカード GeForce等)に処理させることで画像や動画の表示を高速化させるための機能です。

GPU(グラフィックボード・ビデオカード GeForce等)が搭載されていないパソコンでハードウェアアクセラレーションを有効にすると処理速度が極端に遅くなってしまったり、画像や動画が正常に表示されなくなってしまう事例もあります。

ひどい状態になるとブラウザーだけでなく、パソコンごとフリーズしてしまいます。

GPU(グラフィックボード・ビデオカード GeForce等)が搭載されているパソコンではハードウェア アクセレーションをオンにしましょう。
反対に、GPUが搭載されていないパソコンではハードウェア アクセレーションをオフにしましょう。

グーグルクローム(Google Chrome)の初期設定では「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」となっているため、影響は無いかもしれませんが、GPU(グラフィックボード)が搭載されていないパソコンの場合は念の為にオフにしておきましょう。

ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする
ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする

まずはグーグルクローム(Google Chrome)を起動し、右上にある[︙](三点リーダー)をクリックしてください。

[︙](三点リーダー)などの、よく見かけるけど読み方のわからない記号はこちらで色々ご紹介しています。興味があれば是非見てみてください。

[︙]をクリックすると下に向かってメニューが展開されるので、その中にある[設定]をクリックしてください。

ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする
ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする

[設定]をクリックすると、Google Chromeの設定画面が開きます。

左側のメニューにある[詳細設定]をクリックしてください。

ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする
ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする

[詳細設定]をクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。

その中にある[システム]をクリックしてください。

ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする
ハードウェア アクセレーションをオフ/もしくはオンにする

GPU(グラフィックボード・ビデオカード GeForce等)が搭載されているパソコンではハードウェア アクセレーションをオンにしましょう。

反対に、GPUが搭載されていないパソコンではハードウェア アクセレーションをオフにしましょう。

起動時に開くページを変更する

Google Chrome起動時に大量のタブを開こうとするとそれだけでフリーズしてしまう可能性があります。

特に、起動時に「前回開いていたページを開く」を選択している場合は要注意です。

一度に開くタブを5ページくらいに抑えることで、Google Chromeの起動がスムーズになりストレスが減るかもしれません。

Google Chromeの起動時に開くページを変更する方法はこちらの「Google Chrome起動時に開くページを追加、変更する方法」で詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

Google Chrome起動時に開くページを追加、変更する方法

グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合

試験運用版の機能(flags)には、公開されていないGoogle Chromeの機能が数多く用意されています。
その中の一つにParallel downloading(ファイルの並行ダウンロード機能。同一ホストからのダウンロード数を増やし、ダウンロード速度を向上させる。)という機能があるので、この機能を使うことでダウンロード速度の改善が見込めます(特に複数ファイルを同時にダウンロードする場合)。

flagsを使うに当たり、Googleからは以下の警告文が表示されます。十分に注意して操作してください。

WARNING: EXPERIMENTAL FEATURES AHEAD!
By enabling these features, you could lose browser data or compromise your security or privacy. Enabled features apply to all users of this browser. If you are an enterprise admin you should not be using these flags in production.

警告:試験的な機能が含まれています!
これらの機能を有効にすると、ブラウザのデータが失われたり、セキュリティやプライバシーが侵害されたりする可能性があります。
ここでの設定はこのブラウザを使うすべてのユーザーに適用されます。
エンタープライズ管理者の場合は本番環境でこれらのフラグを使用しないでください。

グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合
グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合

Google Chromeを起動し、アドレスバーに chrome://flags/#enable-parallel-downloading と入力してエンターキーを押してください。

chrome://flags/#enable-parallel-downloading はGoogle Chrome専用のURLです。
Microsoft Edgeなど他のインターネットブラウザーでは機能しません。

グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合
グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合

アドレスバーに chrome://flags/#enable-parallel-downloading と入力してエンターキーを押すと、flagsのページに移動します。

Parallel downloadingと黄色くハイライトされた項目を「Default」から[Enabled]に変更してください。

Parallel downloadingを[Enabled]に変更すると、最下部に再起動を促すメッセージが表示されるので、[Relaunch]をクリックしてGoogle Chromeを再起動してください。

グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合
グーグルクローム(Google Chrome)のダウンロードが遅い場合

再起動が終わり、Parallel downloadingが「Enabled」になっていれば成功です。

これでGoogle Chromeのダウンロード速度に改善が見込めます(特に複数ファイルを同時にダウンロードする場合)。

グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にする

次に、グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にしてみましょう。

グーグルクローム(Google Chrome)には多数の便利な拡張機能(アドオン)がChrome ウェブストアで公開されており、ついついインストールし過ぎてしまうこともあります。

その数が増えると、グーグルクローム(Google Chrome)の動作が重くなる原因の一つになります。

グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にする
グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にする

グーグルクローム(Google Chrome)の設定画面(chrome://settings/)を開き、左側にある[拡張機能]をクリックしてください。

グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にする
グーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)を無効にする

この画面にインストールされているグーグルクローム(Google Chrome)の拡張機能(アドオン)が表示されています。

すぐに必要がない拡張機能(アドオン)はオフにしておきましょう。

グーグルクローム(Google Chrome)の試験段階の機能をリセット(初期化)する

試験運用版の機能(flags)には、公開されていないGoogle Chromeの機能が数多く用意されています。

試験運用中の機能であるために中には有効にすることでGoogle Chromeの動作が不安定になる場合もあります。

Google Chromeの動作が遅い場合はリセット(初期化)してみましょう。

Google Chromeの設定をリセット(初期化)してもflagsはリセット(初期化)されないため別々に行う必要があります。

グーグルクローム(Google Chrome)の試験段階の機能をリセット(初期化)する
グーグルクローム(Google Chrome)の試験段階の機能をリセット(初期化)する

Google Chromeを起動し、アドレスバーに chrome://flags/ と入力してエンターキーを押してください。

chrome://flags/ はGoogle Chrome専用のURLです。
Microsoft Edgeなど他のインターネットブラウザーでは機能しません。

アドレスバーに chrome://flags/ と入力してエンターキーを押すと、「Experiments」と大きく書かれたflagsのページが表示されます。

右上にある[Reset all]をクリックしてください。

[Reset all]をクリックすると、最下部に再起動を促すメッセージが表示されるので、[Relaunch]をクリックしてGoogle Chromeを再起動してください。

グーグルクローム(Google Chrome)の試験段階の機能をリセット(初期化)する
グーグルクローム(Google Chrome)の試験段階の機能をリセット(初期化)する

[再起動]をクリックすると、Google Chromeが再起動されます。

これで試験段階の機能がリセット(初期化)されました。

グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする

最後に、グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットしてみましょう。

グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットすると、以下のようになります。

  • Chromeの設定と、Chromeのショートカットがリセットされます。
  • 拡張機能が無効になります。
  • Cookieや他の一時的なサイトデータが削除されます。

お気に入りや閲覧履歴、Chromeに保存したパスワードへの影響はありません。

グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする
グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする

グーグルクローム(Google Chrome)の設定画面を開き、左側にある[詳細設定]をクリックしてください。

グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする
グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする

[詳細設定]をクリックすると、下に向かってメニューが展開されます。

その中にある[リセットとクリーンアップ]をクリックしてください。

[リセットとクリーンアップ]をクリックすると、右側の画面に[設定を元の既定値に戻す]という項目が表示されるので、それをクリックしてください。

グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする
グーグルクローム(Google Chrome)の設定をリセットする

[設定を元の既定値に戻す]をクリックすると、「設定をリセットしますか?」とリセットへの注意事項が表示されます。

内容を確認して、問題なければ右下の[設定のリセット]をクリックしてください。

インストールされている拡張機能が無効になります
拡張機能を再度有効にするには、グーグルクローム(Google Chrome)の設定画面を開き、左側にある[拡張機能]をクリックして必要な拡張機能(アドオン)を有効にしてください。

シークレットモードを使ってみる

シークレットモードでは全ての拡張機能が基本的に無効になっているため、Google Chrome(グーグルクローム)の動きが遅い原因を探し出すにも便利です。

根本的な解決にはならないかもしれませんが、シークレットモードでGoogle Chrome(グーグルクローム)が快適に動作をすれば、Google Chrome(グーグルクローム)のどこかに問題があるか見極める材料になります。

Google Chrome(グーグルクローム)をシークレットモードで開く方法はこちらで詳しく解説していますので是非ご覧ください。

Google Chrome(グーグルクローム)をシークレットモードで開く方法

グーグルクローム(Google Chrome)を再インストールする

あれこれやってもダメな場合は、今入っているグーグルクローム(Google Chrome)をアンインストール(削除)し、Google Chromeの公式サイトから再インストールする事をオススメします。

コントロールパネルからプログラムをアンイストール(削除)する方法はこちらで詳しく解説していますのでぜひご覧ください。

既存のGoogle Chromeを削除する前に、ブラウザーに保存されているパスワード等のログイン情報は手元に残しておくことをオススメします。

以下の記事でクロームで保存したIDやパスワードをバックアップする方法を詳しく解説しているので、再インストール前に是非ご覧ください。

クロームで保存したIDやパスワードをバックアップする方法

ウイルスやランサムウェア等の脅威がパソコンに入っていないか確認する

ウイルスやランサムウェア等がパソコン内に侵入していると、Google Chromeのみならず様々な不調が起きる可能性があります。

ウイルスに感染しているかを手軽に調べるにはWindowsの標準機能を使うのが一番有効的と考えます。

Windowsに標準的に搭載されているWindows セキュリティを使うので、ソフトウェアのダウンロードやインストールも必要なく、安心・安全にパソコンがウイルスに感染してるか調べることが出来ます。

こちらのWindowsの標準機能を使ってウイルスに感染してるか調べる方法では、ウイルスやランサムウェア等の脅威がパソコンに入っていないか確認する方法を詳しく解説しています。

ぜひご覧ください。

Windowsの標準機能を使ってウイルスに感染してるか調べる方法 Windows11

マイクロソフトエッジの動きが遅い時の対処法

マイクロソフトエッジ(Microsoft Edge)の動きが遅い時の対処法はこちらで詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。
情シスの自由帳は、情シスマンが半径3m以内のITに関する情報を掲載してるサイトです。

Windows系を主として、ソフトや周辺機器について思い立った物を色々解説しています。
できる限り詳しく、丁寧に解説していくつもりですが、解説で不明な部分やもっと深く掘り下げたほうが良い記事がありましたら遠慮なくコメント欄でコメントいただけるとありがたいです。

操作環境
Windows11 Home
Microsoft Office 2019

-アプリケーション
-